Research press release

神経科学:大量飲酒が過食を引き起こす過程を解明する手掛かり

Nature Communications

Neuroscience: Why binge-drinking causes binge-eating

通常は空腹感を助長する脳細胞がアルコールによっても活性化することがマウスの研究で明らかになった。この新知見は、アルコールの摂取が過食を引き起こす理由を解明するうえで役立つ可能性がある。この研究成果を報告する論文が今週掲載される。

ヒトの過食にはアルコール摂取が関係していると考えられているが、その根底にある原因は分かっていない。アルコールは高カロリーで、カロリー摂取があると通常は脳の食欲信号が抑制されるからだ。今回、Denis Burdakovたちは、マウスを用いた研究で、過食行動の根底にある神経機構を明らかにしている。この研究で、脳の摂食回路の主要な構成要素がアルコールによって活性化することが明らかになった。マウスを用いて「週末アルコール依存症」実験が行われ、3日間にわたって約18ユニット(英国での測定結果に基づいた値)に相当する用量のアルコールをマウスに与えたところ、アルコールを投与されていないマウスのグループと比べて、食物摂取量が有意に増加した。Burdakovたちは、マウスの脳の摂食回路の一部で、空腹感を助長するAgrpニューロンもアルコールによって活性化することを明らかにした。さらには、Agrpニューロンの活動が消失すると、アルコール摂取による過食がなくなった。このことは、アルコールによる過食にAgrpニューロンの活動が必須であることを明らかにしている。

以上の結果は、アルコールが基本的な食欲信号を持続させることを示しており、過食行動に関する新たな知見といえる。

Brain cells that usually promote hunger are also activated by alcohol in a mouse study published in Nature Communications. The findings may help us to understand why alcohol consumption leads to overeating.

Alcohol consumption has been linked to overeating in humans, but the underlying causes are unclear as alcohol is high in calories, and calorie intake usually suppresses brain appetite signals. Denis Burdakov and colleagues identify the neural mechanisms that underlie this behaviour in mice. They show that major components of the brain’s feeding circuits are activated by alcohol. In an ‘alcoholic weekend’ test, mice were given alcohol at doses that are the equivalent of around 18 units (UK measurements) for three days, which led to a significant increase in food intake compared with the mouse group in which no alcohol was administered. The authors find that hunger-promoting Agrp neurons, which are part of the feeding circuit in the mouse brains, are also activated by alcohol. Moreover, abolishing activity of these neurons also eliminated alcohol-induced overeating. This shows that Agrp cell activity is essential for alcohol-induced overeating.

These results indicate that alcohol sustains fundamental appetite signals, offering new insights into overeating behaviours.

doi: 10.1038/ncomms14014

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度