Research press release

前立腺がんにかかわる新たなタンパク質

Nature Communications

New protein involved in prostate cancer

腫瘍抑制タンパク質の1つであるPTENは、前立腺がんなど多くのがんにおいて不活性化しているが、今回、α-マンノシダーゼ2C1というタンパク質が、前立腺がんにおいてPTENの機能を不活性化することが明らかになった。この新知見によって、前立腺がんにおける腫瘍発生に関する知識が深まった。この研究結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

腫瘍形成の機構は複雑だが、今回、D Tangらは、腫瘍抑制因子PTENを不活性化するα-マンノシダーゼ2C1というタンパク質を同定した。Tangらは、α-マンノシダーゼ2C1を過剰発現する前立腺がん細胞をマウスに注入する実験を行って、腫瘍の形成を認めた。また、Tangらは、PTENタンパク質を発現するヒト前立腺腫瘍に高濃度のα-マンノシダーゼ2C1が含まれることも明らかにした。さらには、前立腺がんの生存分析によって、α-マンノシダーゼ2C1が無再発生存率の低下と関連していることが実証された。

前立腺がんについての理解を深めるには、実験室のマウスとヒト試料を用いて、前立腺がんにおけるα-マンノシダーゼ2C1の役割を調べる研究を進めることが必要だ。

The tumour suppressor protein PTEN is inactivated in many cancers including prostate cancer, now a protein, α-mannosidase 2C1, is shown to inactivate PTEN function in prostate cancer cells. These findings, reported in Nature Communications this week, enhance our knowledge of tumour development in prostate cancer.

The mechanisms leading to tumourigenesis are complex. Damu Tang and colleagues identify a protein, α-mannosidase 2C1, that can inactivate the tumour suppressor PTEN. The team injected prostate cancer cells over-expressing α-mannosidase 2C1 into mice and found that they formed tumours. They also show that human prostate tumours that express PTEN protein have high levels of α-mannosidase 2C1. Analysis of prostate cancer survival demonstrates that α-mannosidase 2C1 is associated with decreased recurrence free survival.

Further investigation of the role of α-mannosidase 2C1 in prostate cancer both in mice in the laboratory and in human samples is warranted to improve our understanding of this disease.

doi: 10.1038/ncomms1309

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度