Research press release

【気候科学】大気中二酸化炭素濃度の上昇傾向の加速に歯止め?

Nature Communications

Climate science: A recent pause in atmospheric carbon dioxide growth

人間活動による二酸化炭素(CO2)排出量が増加しているにもかかわらず、最近になって大気中CO2濃度の上昇率の増加傾向が止まっているという見解を示した論文が、今週掲載される。この新知見は、陸上の植生による炭素吸収量が増加して、大気中に残留する人間活動によるCO2排出量の割合が小さくなったことを示唆している。

大気中CO2濃度の絶対値は、産業革命以降、上昇を続けているが、その上昇率には有意な年々変動が認められ、主な原因として植物の成長が年によってばらつくことが挙げられる。CO2は気候変動を促進する役割を果たすため、大気中CO2濃度の上昇率の変化を定量化することは非常に重要だ。ところが、植物の成長は、さまざまな過程(特にCO2の吸収量と放出量の収支)によって制御されるため、大気中CO2濃度上昇率の変化を評価するのは難しい。

今回、Trevor Keenanの研究グループは、各種観測データと植生モデルを用いて、こうしたさまざまな駆動要因の収支を求めた。そしてKeenanたちは、大気中CO2濃度の上昇によって光合成(CO2吸収過程の1つ)が増えたが、全球気温の上昇傾向が鈍化したために呼吸(CO2放出過程の1つ)が減ったことを明らかにした。この2つの要因は、植物によるCO2吸収量が増え、人為的に排出され大気中に残留するCO2の占める割合が2002年から2014年の間に年約2.2%のペースで減ったことを意味している。

Keenanたちは、大気中CO2濃度の上昇率の増加傾向が止まっているのは一時的なことである可能性があり、CO2濃度の絶対値の増加が続いていることを踏まえると、植物による炭素貯蔵を増やすことで気候変動の問題は解決しない、と警告している。

A pause in the growth rate of atmospheric carbon dioxide (CO2) has been observed in recent years, despite increasing emissions of CO2from human activity, reports a study published in Nature Communications this week. These findings suggest that enhanced carbon uptake from land-based vegetation has decreased the proportion of human-induced CO2 emissions that remain in the atmosphere.

While absolute atmospheric CO2 levels have been increasing since the Industrial Revolution, there is significant year-to-year variability in the rate at which this increase occurs, largely driven by annual differences in plant growth. Quantifying the changes in the rate of CO2 emissions is essential due to the role CO2 plays in driving climate change. However, these changes are difficult to assess because of the different processes that govern plant growth, especially the balance between the uptake and release of CO2.

Trevor Keenan and colleagues use observations and vegetation models to determine the balance of these driving forces. They show that increasing atmospheric CO2 has enhanced photosynthesis (a CO2 uptake process), but that a slowdown in the rise of global temperatures has also reduced respiration (which releases CO2). Both factors mean more CO2 has been taken up by plants, thereby slowing the rate of CO2accumulation in the atmosphere between 2002 and 2014 by approximately 2.2%/year.

The authors caution that the slowdown in the growth rate of atmospheric CO2 may be temporary, and that increased carbon storage by plants will not resolve the issue of climate change in light of continued increases in absolute CO2 concentrations.

doi: 10.1038/ncomms13428

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度