Research press release

【人間行動】社会規範の強制がうまく行かない理由ブックマーク

Nature Communications

Human behaviour: Why enforcement of social norms fails

社会規範の違反があった場合に違反の程度(例えば、ゴミのポイ捨ての程度)が大きい場合と小さい場合で人間の応答が変わらないことを明らかにした論文が、今週掲載される。重大な違反行為に対する処罰を軽微な違法行為より厳しくすべきだという考えは、違反者による報復に対する恐怖が増すことで相殺されていたことが今回の研究で示唆されている。

今回、Loukas Balafoutasたちは、ドイツの駅で軽微な違反行為(コーヒー用の紙コップのポイ捨て)と重大な違反行為(コーヒー用の紙コップと何かが入っている紙袋のポイ捨て)を演出し、800回以上の試行によって旅行者の反応を記録した。これらの試行で、違反の大小は、ポイ捨てをした者が叱責される可能性や叱責の程度に影響を及ぼさなかった。

旅行者の行動の観察結果と対照的だったのが、同じ場所で独立して実施されたアンケート調査で、重大な違反に対する回答者の否定的感情が強くなり、重大な違反の方がより厳しく叱責すべきだと回答者は感じていることが判明した。ところが、こうした反応を示した回答者が、現実の状況下でこの違反行為を罰することには消極的であることを認め、その理由として、社会規範の違反の程度が大きくなるにつれて違反者による報復のリスクが高くなると考えられることを挙げた。

People do not respond differently to large and small social norm violations, such as different extents of littering, shows a study published in Nature Communications this week. The belief that larger violations should be punished more severely than smaller offences was cancelled out by increasing fear of retribution by the violator, the study suggests.

Loukas Balafoutas and colleagues staged small violations (littering a coffee cup) and large violations (littering a coffee cup and bag of trash) at train stations in Germany and recorded how travellers responded in more than 800 trials. In these trials, the size of the violation did not affect the likelihood that the litterer would be reprimanded or the intensity of the reprimand.

In contrast to the observed behaviour of travellers, separate surveys at the same locations revealed that respondents had more negative emotions towards the larger violation and felt that it should be reprimanded more severely. Despite these responses, surveyed individuals admitted that they would be reluctant to punish such violations in real-life settings because the perceived risk of retaliation by the norm violator increased with the severity of the social norm violation.

doi: 10.1038/NCOMMS13327 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度