Research press release

【進化】島を伝ってオーストラリアを脱出した鳴き鳥

Nature Communications

Evolution: Songbirds island-hopped out of Australia

鳴禽類種の大規模な多様化は、約2300万年前に始まり、数々の島が形成されてオーストラリアを脱出する経路ができたことに関連していたことを報告する論文が、今週、掲載される。これまでの研究からは、鳴禽類が洋上数千キロメートルを分散してオーストラリアを脱出したことが示唆されていた。

鳴禽類(oscine passerines)は、世界中に約5,000種が分布しており、その祖先がオーストラリアに生息していたことが分かっているが、鳴禽類種が多様化した時期とオーストラリアから分散した過程については学説の対立がある。

今回、Robert Moyleたちは、ゲノムデータと化石データと生物地理学データを組み合わせて、鳴禽類の種と地理的放散を再構築した。その結果分かったのは、鳴禽類の放散が起こった約2300万年前には、ウォレシア(オーストラリアとアジアをつなぐ島嶼群)でテクトニックな衝突と隆起が起こっていたことだった。この放散時期は、これまで考えられていたよりも最近のことになる。

今回の研究で得られた知見は、鳴禽類の進化史と生物地理学史を地史と整合させるものといえる。

The major diversification of songbird species began about 23 million years ago and was associated with the formation of islands providing a route out of Australia, according to a study published in Nature Communications this week. Previous studies had suggested that songbirds must have dispersed across thousands of kilometers of ocean to leave Australia.

Approximately 5,000 species of songbirds (collectively known as oscine passerines) are distributed across the world. The ancestor of the songbirds has been traced back to Australia, but competing theories have been proposed for when songbird species diversified and how they dispersed out of Australia.

Robert Moyle and colleagues combined genomic, fossil, and biogeographic data to reconstruct the species and geographic radiation of the songbirds. They found that the songbird radiation coincided with the tectonic collision and uplift of Wallacea, a group of islands bridging Australia and Asia, around 23 million years ago. This timeframe for dispersal is more recent than previously thought.

These findings reconcile the evolutionary and biogeographic history of songbirds with geological history.

doi: 10.1038/ncomms12709

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度