Research press release

【がん】タスマニアデビル顔面腫瘍病に対する抵抗性が進化していることを示す証拠

Nature Communications

Cancer: Evidence of evolving resistance to Tasmanian devil facial tumours

タスマニアデビル(Sarcophilus harrisii)がデビル顔面腫瘍性疾患という悪性腫瘍に対する抵抗性を進化させている可能性を報告する論文が、今週掲載される。

デビル顔面腫瘍性疾患は、感染性がんの一種であり、罹患したタスマニアデビルの大部分が死んでいる。そのためにタスマニアデビルの個体数は、過去20年間に80%以上減少した。この疾患の疫学モデルからは、タスマニアデビルの絶滅が近いことが示唆されているが、すでに絶滅していると予測されていた複数の個体群でタスマニアデビルは今も生き続けている。

今回、Andrew Storferたちは、複数の生息地のタスマニアデビルの遺伝的特徴をデビル顔面腫瘍性疾患の発症前後の時点で調べた。その結果、発症前後のサンプルで2つのゲノム領域に変化が見られることが判明した。この領域には、7つの遺伝子が存在し、そのうちの5つがヒトのがんと免疫機能に関連していることが知られている。

今回の研究で得られた知見からは、タスマニアデビルが短い期間(4~6世代)でデビル顔面腫瘍性疾患に対する抵抗性を迅速に進化させたことが示唆されている。

Tasmanian devils may be evolving to resist an aggressive cancer known as devil facial tumour disease, reports a study published in Nature Communications this week.

The population of Tasmanian devils (Sarcophilus harrisii) has been reduced by more than 80% over the last two decades due to a transmissible cancer, devil facial tumour disease, which in most cases is fatal. Modelling of the disease has suggested that the animals would near extinction; however, in populations predicted to be extinct by now some animal are still present.

Andrew Storfer and colleagues studied the genetics of Tasmanian devils from multiple distinct geographic sites both before and after the disease presented. They found two genomic regions that differ in pre- and post-disease samples. Five of the seven genes in these regions are known to be associated with cancer and immune function in humans.

These findings suggest that Tasmanian devils, in a short period of time - between 4-6 generations - are rapidly evolving to resist devil facial tumour disease.

doi: 10.1038/ncomms12684

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度