Research press release

【生態】魚類の捕獲がサンゴ礁で非常に重要な栄養素の流動を乱している

Nature Communications

Ecology: Fishing disrupts crucial flow of nutrients in coral reefs

人間がサンゴ礁の魚類、とりわけ食物連鎖の上位にいる魚類を捕獲すると、これらの魚類が循環させている生態系の維持にとって重要な栄養素が半減することが明らかになった。今回の研究結果は、魚類の乱獲が魚類群集にもたらす負担だけでなく、魚類が提供する生態系サービスにもたらす負担の解明にも役立つ。詳細を報告する論文が、今週掲載される。

魚類は、サンゴ礁生態系において栄養素の重要な「貯蔵庫」として作用するが、魚類が漁獲されサンゴ礁生態系から除去されると、この貯蔵庫が失われてしまう可能性がある。しかし、こうした貯蔵庫が失われるという影響を生み出しているのがバイオマスの減少なのか、魚類群集の構造の変化なのかは明確になっていない。

今回、Jacob Allgeierたちは、カリブ海において、漁獲圧が高く、その結果として大型の捕食魚類が減り、小型魚類が大部分を占めるようになったサンゴ礁と漁獲が禁止された海洋保護区にあり魚類群集が比較的無傷で残っているサンゴ礁の合計43か所をサンプルとして、魚類群集の栄養素貯蔵能力を調べた。その結果、体長の多様性が大きく、より上位の捕食魚の多い魚類群集で栄養素貯蔵能力(貯蔵能力と排出能力の組み合わせ)が高くなることが明らかになった。さらに栄養素貯蔵能力は、漁獲量の多いサンゴ礁の方が禁漁区のサンゴ礁より約40~46%低く、サンゴ礁付近の人口密度が高くなるにつれて低下した。

以上の結果は、栄養素の流動に対する魚類の寄与がその種類によって異なっており、漁獲後の栄養素循環の減少の大半は、大型捕食魚類の選択的な除去によるものだということを示唆している。

When humans remove fish - especially those higher on the food chain - from coral reefs, the key ecosystem-sustaining nutrients cycled by these fish are reduced by half. These results, published in Nature Communications this week, shed light on the costs of over-fishing not only for fish communities, but also for the ecosystem services that fish provide.

In coral reef ecosystems, fish act as an important ‘reservoir’ of nutrients, which could be lost when fish are removed from the system through fishing. Yet it has been unclear whether this effect might be driven by a loss of biomass, or instead by changes in fish community structure.

Jacob Allgeier and colleagues studied the capacity of fish communities to store nutrients across a sample of 43 coral reefs in the Caribbean. Some sites experienced intense fishing pressure (resulting in loss of large predatory fish and dominance of small-bodied fish) while other sites were located within marine reserves with prohibited fishing (resulting in relatively intact fish communities). The authors find that nutrient capacity (a combination of storage and excretion) is higher in communities of fish with a wider range of body sizes and with higher-level predators. Further, nutrient capacity was approximately 40-46% lower at heavily-fished reefs than those protected from fishing, and it declined with increasing human population density in the vicinity of the reef.

The results suggest that, in terms of their contribution to the flow of nutrients, not all species are equal; the loss of nutrient cycling after fishing is driven mostly by the selective removal of large, predatory fish species.

doi: 10.1038/ncomms12461

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度