Research press release

【進化】良い評判を得たいという気持ちが社会的協力を促進する

Nature Communications

Evolution: Good reputation promotes social cooperation

人間は自分が権威者にどう思われているのかを気にしており、それが他人との協力を助長する可能性のあることがパプアニューギニアの狩猟採集社会の研究で明らかになった。また、今回の研究では、社会的評判が良くなることの方が非協力者を処罰することよりも協力行動を促進する効果が大きいことが示唆されている。この研究成果について報告する論文が、今週掲載される。

人間が社会において際立った評判を得たいと望むことは、人間の協力行動の進化的基盤の一例だ。この人間行動を示す証拠は、これまでのところ、人間の社会的イメージを研究室で(例えば、コンピューターシミュレーションによって)人工的に作り出すことによって得られている。

今回、Gianluca Grimaldaたちは、パプアニューギニアのテオプという結束の固い小規模な社会における人間の協力行動を調べた。テオプの社会構造は、構成員に規律を課すインフォーマルな権威を有している村の長老(いわゆる「ビッグマン」)が中心になっている。ビッグマンは、道徳の守護者として行動し、テオプの社会的ネットワークの中心に位置している。今回の研究では、ビッグマンが介入せずに見守るだけの状況下で、テオプの人々に社会経済的なゲームを行わせる実験が行われた。そして、テオプの人々は効率的に協力してゲームを行った。これに対して、見知らぬビッグマンが別の村からやってきてゲームの様子を見守った場合には、こうした協力行動は少なくなった。また、ビッグマンが見守っていると、ゲームのプレーヤーが非協力的な構成員を罰することが少なくなった。

以上の結果は、社会的権威を有する実在の人物が自分に対して抱く社会的イメージを気にすることの方が、自分の評判を想像して気にすることよりも協力行動を促進することを明らかにしている。

People’s concerns about their reputation with an authority figure may encourage them to cooperate with others, according to study of a foraging society of Papua New Guinea published online in Nature Communications this week. This research also suggests that positive social reputation promotes cooperative behaviour more so than punishment of non-cooperators.

A person’s desire to have a particular reputation in a given society is one example of an evolutionary basis of human cooperative behaviour. Past evidence for this human behaviour comes from laboratory settings where one’s social image is artificially created (for example, through computer simulations).

Gianluca Grimalda and colleagues examined the human cooperative behaviour of the Teop, a small and tightly-knit society in Papua New Guinea whose social structure is centred on a village elder with informal authority to impose discipline on community members. This so-called ‘Big Man’ acts as a guardian of morality, and is at the centre of the Teop’s social network. During the course of the study, a group of Teop worked together efficiently in a social economic game while the Big Man was watching - but not intervening. This cooperative behaviour was reduced when an unfamiliar Big Man from another village was watching. Game players also punished non-cooperative members to a lesser degree when the Big Man was watching.

These results show that concern over social image from a real person of social authority can promote cooperative behaviour more so than the imagined concerns about one’s reputation.

doi: 10.1038/ncomms12288

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度