Research press release

【医学研究】「ドリー」のクローンたちは健康に老化している

Nature Communications

Medical research: Clones of Dolly the sheep age well

体細胞核移植という技術で作製されたクローンヒツジが正常に老化することを示唆する研究論文が掲載される。今回の研究では、13頭の高齢のクローンヒツジ(世界初のクローンヒツジ「ドリー」の作製に用いられたものと同じ遺伝物質を使って作製された4頭を含む)の解析が行われたが、これは、大型動物のクローニングの健康影響に関する初めての長期的研究である。

クローンヒツジのドリーは、20年前の1996年7月に生まれ、6歳半という比較的若い頃に変形性関節症で死んだ。この結果は、クローン動物が普通に生まれた動物よりも早く老化し、より不健康な老化を起こすのではないかという懸念を生み出した。

今回、Kevin Sinclairたちは、13頭のクローンヒツジ(7~9歳)を調べた。そのうちの4頭は、ドリーと同じ乳腺細胞株の核を用いて作製されたクローン動物で、ドリーの事実上のクローン(ゲノムのコピー)とされる。Sinclairたちは、クローンヒツジの筋骨格系評価、代謝検査、血圧測定だけでなく、主な関節全ての放射線検査を行い、対照群のヒツジ(5~6歳)と比較した。これらのクローンヒツジは、いずれも健康体で現在も生きており、1頭だけが中等度の変形性関節症で、残りは軽度の変形性関節症にかかっていたが、代謝疾患の徴候は見られず、血圧も正常だった。

今回の研究では、これらのクローンヒツジと全く同じ品種と年齢の普通に生まれたヒツジを比較することや老化に関連する分子マーカーの測定は行われていないが、大型のクローン動物は正常に老化することを示すこれまでで最も強力な証拠が得られた。これらの研究成果は、クローニングの安全性とクローン動物の健康に対する長期的影響に関する重要な情報である。

Cloned sheep, which are created by a technique called somatic-nuclear cell transfer, age normally, suggests a study published in Nature Communications. The analysis of 13 aged cloned sheep, including four created from the same genetic material as the first cloned animal, Dolly the sheep, represents the first long-term study of the health effects of cloning in a large animal.

Dolly the sheep, who was born 20 years ago (in July 1996), died at a comparatively young age of 6.5 years, having suffered from osteoarthritis. This outcome has raised concerns that cloned animals may age more quickly, or less healthily, than normal offspring.

Kevin Sinclair and colleagues studied 13 cloned sheep between 7 and 9 years of age. Four of the animals were cloned using nuclei from the same mammary-gland cell line as Dolly, so are effectively clones (or genomic copies) of Dolly. The authors performed musculoskeletal assessments, metabolic tests and blood pressure measurements, as well as radiological examinations of all main joints in the cloned sheep and compared them to control sheep (5 and 6 years old). All cloned sheep are still alive and healthy, showing only mild or, in one case, moderate osteoarthritis. The animals also show no signs of metabolic diseases, and have normal blood pressure.

Although the authors could not compare the cloned sheep with normal animals of exactly the same breed and age, and did not measure molecular markers associated with ageing, the study provides the strongest evidence yet that large cloned animals age normally. These findings provide important information about the safety of cloning and its long-term effects on animal health.

doi: 10.1038/ncomms12359

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度