Research press release

【微生物学】多発性硬化症患者の腸内微生物叢の変化

Nature Communications

Microbiology: Alterations of the gut microbiota in multiple sclerosis

多発性硬化症(MS)患者の腸内微生物叢の変化が、免疫防御遺伝子の発現の変化と相関していることが判明した。この腸内微生物叢の変化をMSの進行を評価するためのバイオマーカーとして将来的に利用できる可能性があるかどうかを見極めるには、さらなる研究が必要とされる。この研究成果を報告する論文が掲載される。

腸内細菌は、免疫系の機能に影響を及ぼすことが知られており、腸内微生物の数の変化が自己免疫疾患の発生と相関している。これまでに20人のMS患者と40人の健常者(対照)を用いた研究が行われ、MS患者の腸内微生物叢に変化があったことが分かっていたが、腸内微生物叢と治療法と免疫の変化の間につながりがあるのかどうかの研究は行われていなかった。

今回、Howard Weinerたちは、60人のMS患者と43人の健常者(対照)の腸内微生物叢のサンプルを採取して解析したところ、対照より患者の方がメタノブレビバクター(ヒトの腸内における主なメタン生成微生物)などの微生物が多いことが分かった。この差異は、血中免疫細胞の免疫応答遺伝子(例えば、細胞の成熟とシグナル伝達経路に関係する遺伝子)の発現の差異と相関していた。また、Weinerたちは、MS患者の他の腸内微生物叢の変化が免疫抑制剤の使用と相関していることも明らかにした。さらには、これより小規模の患者コホートで、患者の呼気中メタン濃度が対照より高いことも明らかになった。この結果は、MS患者の方がメタノブレビバクターの数が多いことと一貫している。

こうした腸内微生物叢の変化が免疫遺伝子の発現の変化やMS自体に関係しているのか、それとも免疫遺伝子の発現の変化やMS自体の結果として腸内微生物叢が変化するのかという点を明らかにするには、これよりも大型の患者コホートとMSの進行過程で採取されたサンプルを使って研究をさらに進める必要がある。また、今回観察された微生物叢の変化や呼気中メタン濃度の変化がMSのバイオマーカーとして利用できるかどうかを明らかにする上でも今後の研究が有用と考えられる。

Alterations in the gut microbiota correlate with changes in the expression of immune defence genes in patients suffering from multiple sclerosis (MS), finds a study published in Nature Communications. Further studies are needed to determine whether these changes could be used as potential biomarkers for assessing disease progression in the future.

Gut bacteria are known to have an influence on the function of the immune system, with changes in the abundances of gut microorganisms correlating with the development of autoimmune disorders. A previous study of 20 patients suffering from MS and 40 healthy controls found microbiota alterations in the patients with MS, but the potential connection between microbiota, therapy and changes in immunity has not been previously examined.

Howard Weiner and colleagues sampled and analysed the gut microbiota of 60 patients with MS and 43 healthy controls. They found that microorganisms such as Methanobrevibacter (the main methane-producing microbe in the human gut) were more abundant in patients than in controls. These changes correlated with variations in the expression of immune response genes in blood immune cells (for instance, genes involved in cell maturation and signalling pathways). They also showed that, in the patients, other microbiota alterations correlated with the use of immunosuppressive medication. In addition, within a smaller cohort of patients, elevated levels of methane were found in the breath of patients compared to controls, which is consistent with increased abundance of Methanobrevibacter in MS patients.

Further research with larger cohorts of patients and samples collected during disease progression is needed to test whether these alterations in microbiota may play a role in, or are a consequence of, changes in immune gene expression or the disease itself. Future work will also help determine whether the observed alterations in the microbiota or in methane in the breath could be used as disease biomarkers.

doi: 10.1038/ncomms12015

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度