Research press release

【惑星科学】スウェーデンの採石場で新しいタイプの隕石が見つかる

Nature Communications

Planetary science: Swedish quarry reveals new type of meteorite

スウェーデンにある石灰岩の採石場で発見された隕石の中から、およそ4億7000万年前に地球に落下した新しいタイプの隕石が見つかった。この知見は、今週掲載される新しい論文で説明されているが、我々の太陽系における隕石(宇宙空間に由来する残骸で地球に落下することがある)の履歴を再現する上で役立つ。

L型コンドライトは、最も一般的なタイプの隕石の1つとして知られ、約4億7000万年前に小惑星と大規模な衝突を起こした大型の母天体に由来するものと考えられているが、この小惑星に関する証拠は今のところ見つかっていない。

約4億7000万年前に地球に落下した100個を超えるL型コンドライトがスウェーデンの採石場で発見されているが、今回、Birger Schmitzたちは、その中から新しいタイプの隕石(長さ10 cm未満)を発見し、O【オー・ウムラウト】st 65と命名した。Schmitzたちは、隕石を分類するために岩石学的分析とクロム・酸素同位体分析を併用し、O【オー・ウムラウト】st 65が、これまでに地球に落下した既知のタイプの隕石のいずれとも地球化学的、岩石学的に異なっていることを明らかにした。Schmitzたちは、宇宙線照射年代測定という年代測定法を用いて、この隕石の年代がL型コンドライトの衝突事象から100万年以内であることを明らかにした。以上の結果から、Schmitzたちは、この新しいタイプの隕石が、大型のL型コンドライト母天体と衝突し、その分裂の原因となった母体小惑星の残骸である可能性を示している。O【オー・ウムラウト】st 65の母体小惑星はL型コンドライト天体との衝突時にほとんど破壊されており、そのためにこのタイプの隕石が地球上で回収されたことがなかったというのがSchmitzたちの見解だ。

この母体小惑星はほとんど破壊されているかもしれないが、その残骸が地球上に定期的に落下してくるL型コンドライトとともに宇宙空間に存在し続けている可能性は残っている。

A new type of meteorite, which fell to Earth about 470 million years ago, has been discovered in a limestone quarry in Sweden. The finding is described a new study published in Nature Communications this week and helps us to reconstruct the history of meteorites - debris from space that occasionally falls to Earth - in our Solar System.

One of the most common types of meteorites are known as L type chondrites, which are thought to be derived from a larger parent body that underwent a large collisional event with an asteroid about 470 million years ago. However, no evidence for this colliding asteroid had been found until now.

Birger Schmitz and colleagues found a new type of meteorite (under ten centimetres in length) which they named Ost 65 in a Swedish quarry, among over 100 L chondrites which fell to Earth about 470 million years ago. In order to classify the meteorite, the authors used a combination of petrological and chromium and oxygen isotopic analyses, and found that it is geochemically and petrologically distinct from all known meteorite types that have fallen to Earth to date. Using a dating technique known as cosmic-ray exposure, they showed that the meteorite’s age is within one million years of the L chondrite collisional event. The authors therefore suggest that this single meteorite may represent the remains of the parental asteroid which collided with and was responsible for the disruption of the large L chondrite parental body. They believe that the Ost 65 parental asteroid may have largely been destroyed during the collision with the L chondrite body, and that this is why this type of meteorite has not been recovered on Earth before.

Although the parent asteroid may have been largely destroyed, the possibility remains that its remnants could still be out in space along with the L chondrites that regularly fall to Earth.

doi: 10.1038/ncomms11851

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度