Research press release

【惑星科学】月に水をもたらしたのは小惑星かもしれない

Nature Communications

Planetary science: Asteroids may have delivered water to the Moon

月の地下に存在する水の大部分は、月の歴史の初期(約45~43億年前)に小惑星を介して運び込まれたという結論を示した新規論文が、今週掲載される。

月は、約45億年前に火星程度の大きさの惑星が地球と衝突した際に生じた残骸からできたと考えられている。形成直後の月の表面にはマグマの海(マグマオーシャン)があった。そして、月の地下には水が存在してきたことが知られている。しかし、月に水が運ばれてきた時期とその性質、それに小惑星と彗星が水の供給源としてそれぞれどれほど大きく寄与したのかは、これまでのところ分かっていない。

今回、Jessica Barnesたちは、過去のさまざまな研究で明らかにされた数値モデルと月の試料の同位体組成の測定結果を組み合わせて用い、月への水の輸送に関して、そのフラックス、供給源、時期を絞り込んだ。その結果分かったことは、月にマグマの海があった1000万年から2億年の間に水が月の地下に運び込まれたということだ。また、Barnesたちは、月の試料から得た水素と窒素のデータに基づいて、月の地下にある水のほとんどが炭素質コンドライトという水の豊富な小惑星に由来しており、彗星由来の水は月の総水収支の20%に満たないことを明らかにした。このモデルによれば、彗星と小惑星が月のマグマの海に衝突し、マグマの海の表面に形成していた伝熱性のある蓋が宇宙空間への脱ガスによる水のような揮発性物質の損失を防ぎ、その結果、月の地下に水が保持されたとされる。

以上の結果からは、大部分の水が小惑星に由来することが示唆されているが、一部の水は月を形成する衝突の際に初期地球からもたらされたものだった可能性が高いとBarnesたちは指摘している。

Most of the water inside the Moon was delivered via asteroids during the Moon’s early history, about 4.5 to 4.3 billion years ago, according to a new study published in Nature Communications this week.

The Moon is believed to have formed from the debris generated by the collision of a Mars-sized planet with the Earth about 4.5 billion years ago. Soon after its formation, an ocean of magma was present on the Moon. Water is also known to have been present in the interior of the Moon. However, until now, the timing and nature of the delivery of water to the Moon, and the relative contributions of asteroidal and cometary sources, have not been clear.

Jessica Barnes and colleagues constrained the rate, source and timing of water delivery using a combination of numerical models and measured isotopic compositions of lunar samples from a range of previous studies. They found that water was delivered to the interior of the Moon over a period of ten to 200 million years, while the lunar magma ocean was also present. Based on hydrogen and nitrogen data from the samples, the authors show that a water-rich class of asteroids known as carbonaceous chondrites were responsible for most of the water in the lunar interior, with comets accounting for less than 20 % of the total water budget of the Moon. In this model, comets and asteroids collided with the magma ocean on the Moon, and a thermal lid - which formed at the surface of the magma ocean - prevented loss of volatiles such as water through degassing to space, allowing water to be retained in the Moon’s interior.

Although these results suggest that most of the water may have come from asteroids, some of it is also likely to have been derived from the early Earth during the Moon-forming impact event, note the authors.

doi: 10.1038/ncomms11684

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度