Research press release

【遺伝】ブリテン諸島での人間の移動史の解明に古代DNAが一役

Nature Communications

Genetics: Ancient DNA sheds light on Britain's history of migration

英国で採取された古代のヒトDNAについて新たな解析が行われ、(紀元5世紀頃の)アングロ・サクソン人の侵入前後のヨーロッパ大陸からグレートブリテン島への人間の移動による影響の解明に役立っている。この解析結果は、このたび掲載される2編の論文に示されている。

これまでに行われた現代人のゲノムを用いた遺伝学的研究では、ブリテン諸島への人間の移動とブリテン諸島からの人間の移動の歴史に関して一致した結論が得られていない。最近、古代の遺伝的情報を引き出すための技術が改良され、人間の歴史における大規模な移動に関する手掛かりがもたらされるようになっている。

今回、Daniel Bradleyたちは、英国北部に埋葬されていた9人の遺体から採取されたDNAの塩基配列解析を行った。そのうちの7人は、ヨークにある古代ローマ時代(紀元前後期/紀元後初期)の墓地に埋葬され、1人がそれより前の鉄器時代に埋葬され、1人がそれより後のアングロ・サクソン時代に埋葬されていた。その結果、古代ローマ時代に埋葬された人々のゲノム全体が現代のケルト系英国人のゲノムと鉄器時代の人々のゲノムと似ていたが、現代のヨークシャーの人々のゲノムやアングロ・サクソン人のゲノムと著しく異なっていることが判明した。また、Bradleyたちは、古代ローマ時代に埋葬された7人中6人が、ゲノム上のシグナルの点で、先住民のブリトン人であったことを明らかにした。残りの1人には、中東と北アフリカの現代人と高度な遺伝的類似性が見られ、ローマ帝国内で人々が非常に遠くの地域から移動していたことが示唆されている。

一方、Stephan Schiffelsたちは、イングランド東部のケンブリッジ近くにある墓地に埋葬されていた鉄器時代とアングロ・サクソン時代の10人のゲノムの塩基配列解析を行った。この研究では、現代人の遺伝的データを用いて、10人の古代人と現代の英国人とその他のヨーロッパ人との関係を解析した。その結果、イングランド東部の現代人の祖先の約30%がアングロ・サクソン人の移動に由来しており、その割合がウェールズ人とスコットランド人より高く、アングロ・サクソン時代の人々のゲノム試料は、鉄器時代の人々のゲノム試料よりも現代のオランダ人とデンマーク人と遺伝的類似点が多いことが判明した。

New analyses of the ancient DNA of British individuals help disentangle the impact of migration events from continental Europe into Britain before and after the Anglo-Saxon invasion (circa fifth century AD). The results are described in two separate papers published in Nature Communications.

Past genetics studies based on modern genomes have resulted in mixed opinions about the migratory history of people in and out of the British Isles. The recent refinement of techniques that allow the extraction of ancient genetic information can provide insight into the major migration events in human history.

In one paper, Daniel Bradley and colleagues sequence the DNA of nine individuals from north Britain, including seven individuals from a Roman era (late BC/early AD) cemetery in York, one from an earlier Iron Age burial and one from a later Anglo-Saxon burial. They find that the whole genomes of Roman-era individuals from northern Britain are similar to the modern British Celtic population and to the earlier Iron Age genomes, but differ significantly from modern day Yorkshire genomes or Anglo-Saxon genomes. The authors show that all Roman-era individuals except one were indigenous Britons in terms of their genomic signal. A single Roman individual possessed high genetic similarity to modern day Middle Eastern and North African populations, suggesting movement of people from very distant areas was taking place within the Roman Empire.

In the other paper, Stephan Schiffels and colleagues sequence the genome of ten individuals dating back to the Iron Age and the Anglo-Saxon period, from cemeteries in east England, close to Cambridge. They use present-day genetic data to characterize the relationship of these ancient individuals to contemporary British and other European populations. They show that the contemporary population in eastern England derives approximately 30% of its ancestry from Anglo-Saxon migrations, with a lower percentage in Welsh and Scottish individuals, and find that Anglo-Saxon samples share more genetic similarities with modern Dutch and Danish populations than with Iron Age samples.

doi: 10.1038/ncomms10326

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度