Research press release

【健康】肥満マウスをスリムにする新規化合物

Nature Communications

Health: New compound slims down obese mice

肥満マウスの腸細胞に作用して体重を減らす効果のあるグリシン-β-ムリコール酸(Gly-MCA)という新しい化合物について報告する論文が、今週掲載される。Gly-MCAは、エネルギー代謝の重要な調節因子である胆汁酸受容体FXRの作用を選択的に抑制するため、肥満関連代謝疾患の治療法の新規開発に役立つ可能性がある。

胆汁酸は、腸内で分泌され、腸細胞のFXR受容体に結合して、さまざまな代謝機能を果たす。FXRを標的とする抗肥満薬の開発は難しい課題となっている。FXRシグナル伝達の影響は、FXRが発現する組織によって代謝に有益な影響となったり、悪影響になったりするからだ。

今回、Frank Gonzalezたちは、胆汁酸を用いて、腸内細菌によって分解されにくく、血液中にわずかな量しか取り込まれない薬を生成した。この薬は、腸細胞で発現するFXRだけを阻害するが、肝臓では濃度が低すぎてFXRに何らの影響も及ぼさない。Gonzalezたちは、いくつかの実験を行って、5匹のマウスにGly-MCAを投与し、その結果、肥満マウスの体重増加が抑制され、代謝機能が改善されたことを明らかにした。

また、Gonzalezたちは、Gly-MCAがもたらす有益な効果が、いわゆる「ベージュ」脂肪細胞の熱産生の増加によるものであることも明らかにした。この現象は、腸細胞内での脂質分子(セラミド)の産生量の減少の結果として生じている。

Gonzalezたちは、Gly-MCAが代謝性疾患の有望な治療薬候補であり、マウスを用いた研究がヒトの治療法の開発に役立つ可能性があるという見解を示している。

A new compound reduces the weight of obese mice by acting on their intestinal cells, finds a study published in Nature Communications this week. The compound, called Gly-MCA, selectively limits the action of bile acid receptor FXR - an important regulator of energy metabolism - and may aid the development of new therapeutic approaches in obesity-related metabolic disorders.

Bile acids are secreted in the gut, where they bind to the FXR receptor in intestinal cells and perform various metabolic functions. The development of anti-obesity drugs targeting FXR is difficult because FXR signaling can have either beneficial or negative metabolic consequences, depending on the tissue in which FXR is expressed.

Frank Gonzalez and colleagues create a bile-acid-based drug that is resistant to degradation by gut bacteria and is taken up only in negligible amounts into the blood stream. This drug inhibits FXR only in intestinal cells and not in the liver, where concentrations are too low to have any effect on FXR. The authors treat five mice with Gly-MCA over several experiments and show that the drug reduced weight gain in obese mice and improved their metabolic functions.

They also find that the beneficial effects of Gly-MCA are due to increased energy expenditure as a result of increased heat production in so-called ‘beige’ fat cells, which in turn occurs as a consequence of reduced production of lipid molecules (called ceramides) in intestinal cells.

The authors propose that Gly-MCA is a promising candidate for the treatment of metabolic disorders and that their work in mice may aid development of human therapies.

doi: 10.1038/ncomms10166

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度