Research press release

【生態】飼育下のパンダに配偶相手を選ばせると交尾成功率が高まる

Nature Communications

Ecology: Choice of partner improves panda mating success in captivity

動物園で飼育されているジャイアントパンダの場合、雄と雌が互いに好みのタイプであると繁殖率が大きく上昇することを明らかにした論文が掲載される。この論文には、それぞれのパンダに配偶相手を選ばせるという単純な方法が、動物園の繁殖プログラムの成功率を高める上で役立つ可能性があるという結論が示されている。

ジャイアントパンダは絶滅危惧種で、飼育下での繁殖が難しいことが判明している。雄と雌の遺伝的プロファイルを利用した「縁結び」によって近親交配の影響を最小限に抑えようとする保全繁殖プログラムは高額な費用を伴うことが多く、成功の保証もない。

今回、Meghan Martin-Wintleたちは、臥龍パンダ保護研究センター碧峰峡基地(中国・四川省)で飼育されている約40頭のパンダの配偶行動を調べた。この施設では、それぞれのパンダについて配偶相手の候補を2頭選定し、好みの相手を自由に選ばせている。選ぶ側のパンダは囲い地の中に置かれ、その左右に隣接する囲い地には配偶相手の候補がいて、その様子が見えるようになっている。Martin-Wintleたちは、雄が選ぶ場合と雌が選ぶ場合の両方で実験を行ったが、選ぶ側のパンダが配偶相手候補のいずれかに対して強い選好性を示した時に交尾成功率と仔の出生率が優位に上昇し、雄と雌が互いに強い選好性を示した時にはさらに顕著な上昇があったことを明らかにした。

この実験では、パンダが配偶前行動(例えば、匂いづけ行動、かん高く細い鳴き声)の60%以上を一方の候補に振り向けた場合には正の選好性があると定義され、その後の交尾成功率は、いずれの個体も選好性を示さなかった場合に0%だったのに対して、雄雌双方が選好性を示した場合には80%を超えた(交尾が12回中10回成功した)。Martin-Wintleたちは、飼育下のパンダの繁殖プログラムに、好みのタイプの配偶相手であるかどうかを調べる検査を組み込むことが、野生に戻した後のパンダの継続的生存を確かなものとするための効率的で費用効果の高い方法となる可能性がある、と結論づけている。

Reproductive rates of giant pandas living in a zoo are substantially increased when both males and females show a preference for each other, finds a study in Nature Communications. The authors conclude that the simple method of allowing individual pandas to choose between partners could help improve the success of zoo breeding programs.

Giant pandas are an endangered species that has proven difficult to breed in captivity. Conservation reintroduction programs, which operate by matching males and females together via their genetic profiles to minimise the effects of inbreeding, are often expensive and not guaranteed to succeed.

Meghan Martin-Wintle and colleagues study the mating behaviour of about 40 pandas in Bifengxia Chinese Conservation and Research Center, Sichuan, China, where they allowed them to freely choose which of two potential mating partners they preferred, by placing an individual panda in the centre of an enclosure that gives visual access to two potential partners housed at each end. Testing with both males and females as the central panda, they find that mating success and cub production are significantly enhanced when the individual shows a strong preference for one of the two choices, and is enhanced even further when both pandas share a mutual preference.

Positive preferences were defined as individual pandas directing more than 60% of their pre-mating behaviours (such as scent-marking and chirping) towards another panda, with subsequently successful mating attempts rising from 0% when neither individual showed a preference, to more than 80% when both did (10 out of 12 mating attempts were successful). The authors conclude that incorporating mating preference trials into captive panda breeding programs could therefore prove to be a cost-effective and efficient way to ensure the continued survival of pandas through wildlife reintroductions.

doi: 10.1038/ncomms10125

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度