Research press release

動物学:手に余るほどの餌があると付き合いを広げるカレドニアガラス

Nature Communications

Zoology: Crows branch out when there's food to exploit

カレドニアガラスの社会的相互作用の大半は身近な家族との相互作用だが、それ以外の個体と分かち合える食物資源に関する重要情報があれば、例外的にそれらの個体とも相互作用するという結論を示した論文が掲載される。著者は、カレドニアガラスの社会的ネットワークの動態における変化が文化的形質(例えば、道具の利用)の拡散を促進する可能性があるという考え方も示している。

カレドニアガラスは、道具(例えば、小枝や大枝)を使って樹皮の穴を調べて餌となる昆虫を探すことが知られている。そうした技能は、それを見ていた他のカレドニアガラスへ社会的学習によって伝わると考えられているが、どの程度の知識が伝達されるのかは群れの中での社会的相互関係の構造に依存している可能性が高い。

今回、James St Clairたちは、高分解能の無線技術を利用して、複数の家族が含まれる群れの中のカレドニアガラスの相互作用を追跡調査し、相互作用の大部分が少数の遺伝学的に近縁な個体間やつがい内で起こることを明らかにした。これに対して、利用するために道具を必要とする食物源を実験的に導入したところ、ネットワークの全体的な接続性が急速に増し、それまで関わりのなかった個体間の相互作用が急に活発化した。

一方、複数の家族が含まれる群れを2つ選び、それらの縄張りの中間点に同じ食物源を導入する実験では、上述したようなネットワークの変化は観察されず、上述の相互作用が非常に局所的なものであることが示唆された。このように食物源の出現に対応して局所的な社会的ネットワークの接続性が増したことは、文化情報が伝達される機会も増え、道具の使用の拡散が促進される可能性が生じることを示唆している。

Crows restrict the majority of their social interactions to close family members unless there is important information on food resources that could be shared, finds a study in Nature Communications. The authors suggest that changes in the dynamics of their social networks could facilitate the spread of cultural traits such as tool-use.

New Caledonian crows are known to utilise tools, like small twigs and branches, to probe holes in tree bark for their insect prey. These skills are thought to be passed to other observing crows through social learning, although the extent to which this knowledge may be transmitted is likely to depend on the structure of social interactions within a group.

James St Clair and colleagues use high-resolution wireless technology to track interactions between crows in multi-family groups, finding that the majority of interactions occur between only a small number of genetically-related individuals or mate-pairs. However, when a food source that requires tools to exploit is introduced, overall connectivity of the network increases quickly, as do interactions between individuals who had not previously associated with one another.

No such changes were observed when the same food source was introduced halfway between the territories of two different multi-family groups, suggesting these interactions are highly localised. This expansion of local social network connectivity in response to food suggests that opportunities for the transmission of cultural information also increase, potentially driving the spread of tool-use.

doi: 10.1038/ncomms8197

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度