Research press release

【惑星科学】火星上で河川によって運ばれた中礫

Nature Communications

Planetary sciences: Martian rocks that roll

火星上で丸みを帯びた中礫が河川によって数十キロメートルも運搬されていたことを示唆する新しい論文が、今週掲載される。今回の研究で利用された新しい技術は、火星以外の惑星でも中礫と微粒子が運搬された距離を推定する上で役立つ可能性がある。

火星探査車「キュリオシティ」によって火星の岩石層から小さな丸みを帯びた中礫が発見されたことは、かつて火星に大小河川が存在していたことを示唆しているが、これらの点に関する解釈は確立されていない。再現研究によれば、中礫が河床を転がり、滑り、跳ねたために丸みを帯びたことが示唆されているが、中礫がどの程度遠くまで運搬されたかという定量化はなされていなかった。中礫の形状は、河川による粒子の運搬中に失われた質量を推定するために用いることができ、この質量の減少分は、中礫が運搬された距離と同等と見なされる。

今回、Douglas Jerolmackたちは、プエルトリコと米国で実施された河川によって運搬された中礫の調査に加えて、数々の実験を行い、中礫の形状だけで中礫の運搬距離を推定できることを明らかにした。Jerolmackたちのモデルは、地球での検証を経て、火星の岩石層で見つかった中礫の解釈に用いられた。

今回の研究は、今後実施される風によって運ばれる粒子の解析研究と組み合わせれば、現代の火星における砂丘活動の解明を進める上で役立つだろう。

Rounded pebbles on Mars were transported for tens of kilometres in a river, suggests a new study published in Nature Communications this week. This study makes use of a new technique that may help estimate the distance travelled by pebbles and small particles on other planets.

The discovery by the robotic rover Curiosity of small rounded pebbles in rock formations on Mars suggested that there were streams or rivers flowing on our neighbouring planet in the past, but interpretations regarding these have been uncertain. Reconstructions have suggested that the pebbles became rounded as they rolled, slid and hopped along a river bed, but how far they travelled has not been quantified. Pebble shape can be used to infer the amount of mass lost during particle transport by water, and this mass loss equates to the amount of transport experienced by the pebble.

Douglas Jerolmack and colleagues used experiments as well as investigations of river-transported pebbles in Puerto Rico and the USA to show that the distance travelled by a pebble can be estimated using shape alone. They validated their model on Earth before using it to interpret the pebbles found in the Martian rock formations.

Once combined with future studies that analyse wind-transported particles, this work will help to improve our understanding of dune activity on present-day Mars.

doi: 10.1038/ncomms9366

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度