Research press release

【進化】ホモ・ナレディの手足

Nature Communications

Evolution: The hand and foot of Homo naledi

ホモ・ナレディの手足の構造と機能について記述された2編の論文が、今週掲載される。これらの論文に示される知見を総合すると、ホモ・ナレディは主要な運動形態としての木登りと歩行の両方に適応するという独自性を有し、正確な手さばきもできた可能性が明らかになっている。

現生人類(ホモ・サピエンス)と絶滅したヒト種(ネアンデルタール人、ホモ・エレクトス、ホモ・ハビリス、ホモ・ナレディなど)はヒト属に分類され、ヒト属とアウストラロピテクス属(ヒト属の絶滅した近縁種)は、ヒト族と総称されている。

Tracy Kivellたちの論文には、南アフリカ共和国のライジングスター洞窟系のディナレディ・チャンバーで出土した約150点の手の骨化石(ほぼ完全な成体の右手の骨化石を含む)から明らかになったホモ・ナレディの手について記述されている。ホモ・ナレディの手は、手首の構造と長くがっしりとした親指がネアンデルタール人と現生人類の手と類似している。しかし、指の骨は、ホモ・ナレディの方が長く、曲がっており、ホモ・ナレディが手を使って木登りや樹上での移動をするとともに力を込めて手を正確に操って道具を使用していたことが示唆されている。

一方、William Harcourt-Smithたちの論文には、ディナレディ・チャンバーで出土した足の骨の化石の断片(良好な状態で保存されていた成体の右足の化石を含む)107点に基づくホモ・ナレディの足に関する記述がある。Harcourt-Smithたちは、ホモ・ナレディの足が、現生人類の足に見られる数多くの特徴を備え、直立と二足歩行に十分に適応していたことを明らかにする一方で、足の指の骨(基節骨)が現生人類より曲がっている点を指摘している。

以上を総合すると、2編の論文は、ホモ・ナレディの上肢と下肢の機能が分離していることを示しており、ヒト属の初期種の特徴だったと考えられる骨格の形態と機能に関する重要な手掛かりをもたらしている。

The structure and function of the hand and foot of Homo naledi are described in two separate papers published online in Nature Communications this week. Taken together, the findings indicate that H. naledi may have been uniquely adapted for both tree climbing and walking as dominant forms of movement, while also being capable of precise manual manipulation.

Modern humans (Homo sapiens) and extinct human species, including Homo neanderthalensis, Homo erectus, Homo habilis and Homo naledi, are part of the Homo genus. The Homo genus and the Australopithecus genus (extinct, close relatives of Homo) are together referred to as hominins.

In the first paper, Tracy Kivell and colleagues describe the H. naledi hand based on nearly 150 hand bones, including a nearly complete adult right hand, uncovered from the Dinaledi Chamber of the Rising Star cave system in South Africa. The H. naledi hand shares a long, robust thumb and wrist architecture with Neanderthals and modern humans. However, the finger bones are longer and more curved, suggesting the hand was used for movement and climbing through trees in combination with the forceful, precision manipulation required to use tools.

In the second paper, William Harcourt-Smith and colleagues describe the H. naledi foot based on 107 foot elements from the Dinaledi Chamber, including a well-preserved adult right foot. They show that the H. naledi foot shares many features with a modern human foot, indicating that it is well-adapted for standing and walking on two feet. However, the authors note that it differs in having more curved toe bones (proximal phalanges).

When considered together, these papers indicate a decoupling of upper and lower limb function in H. naledi, providing an important insight into the skeletal form and function that may have characterized early members of the genus Homo.

doi: 10.1038/ncomms9432

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度