Research press release

【生物工学】治療用タンパク質を脳内に送り込むペプチドの発見

Nature Communications

Biotechnology: New peptide escorts therapeutic proteins into the brain

中枢神経系の疾患の治療薬は、血液脳関門(BBB)を越えて作用部位に到達できさえすれば、有効な治療効果が得られるものが多い。BBBを克服して多発性硬化症(MS)の治療に役立つ可能性のある新しい薬物送達手段についての報告が、今週掲載される。BBBは、毒性、感染性やその他の危険可能性をもつ物質が脳に入らないようにしているが、治療薬の侵入も遮断し、特にタンパク質のような大型分子の侵入を効果的に阻止している。

今回、Je-Min Choiたちは、細胞膜を透過し、細胞内にタンパク質や薬物を輸送できる細胞透過性ペプチドの一種を用いたツールを利用して、BBBの克服に成功した。これまでは細胞透過性ペプチドを用いてBBBを効率的に通過することができなかったが、Choiたちが新たに設計したdNP2ペプチドによってそれが可能になった。このdNP2に蛍光タンパク質を結合させて、実験用マウスの脊髄と脳に注入したところ、脊髄と脳が蛍光を発し、dNP2-タンパク質複合体がBBBを通過したことが明らかになった。

次にChoiたちは、リンパ球の活性化を阻害するタンパク質であるCTLA4の断片にdNP2を結合させた。リンパ球の過剰な活性化による脳と脊髄組織の損傷は、MSの背後にある機構とされる。dNP2-CTLA4による治療は、MSのマウスモデルにおける健康転帰を改善する上で有効だった。以上の結果は、タンパク質による治療薬を用いたMSなどの神経疾患の治療にdNP2が役立つ可能性を示唆している。

Many therapeutics have the potential to effectively treat central nervous system disorders, if only they can cross the blood-brain barrier (BBB) to reach their site of action. A new delivery tool that overcomes this barrier and may potentially help treat multiple sclerosis (MS) is reported in Nature Communications this week. The BBB keeps toxic, infectious and other potentially dangerous substances away from the brain, but it also blocks therapeutic agents and is especially effective at blocking large molecules such as proteins.

Je-Min Choi and colleagues get around this by using a tool belonging to a class of cell-penetrating peptides, which can cross the cell membrane and transport proteins or drugs inside the cell. To date, none of these peptides have been used to efficiently cross the BBB, but the team’s newly designed dNP2 peptide is able to do so. When injected with dNP2 attached to fluorescent protein, the spinal cords and brains of laboratory mice became fluorescent, showing the dNP2-protien complex successfully crossed the BBB.

The authors then attached dNP2 to a fragment of CTLA4, a protein that inhibits lymphocyte activation. Excessive activation of lymphocytes leading to the damage of brain and spinal cord tissues underlies MS. dNP2-CTLA4 treatment was effective in improving health outcomes in a mouse model of MS. These results suggest dNP2 may prove useful in helping to treat neurological disorders ? including MS ? with protein-based therapeutics.

doi: 10.1038/ncomms9244

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度