Research press release

【動物学】生きているシーラカンスとシーラカンスの化石から肺が見つかった

Nature Communications

Zoology: Lungs found in living and fossil coelacanths

かつて絶滅種と考えられていた深海魚の一種であるシーラカンスに関して、このほど、生きたシーラカンスが肺を持っていることが確認された。この肺は、もはや機能していないと考えられているが、シーラカンスの太古の近縁種が約4億1000万年前にどのように生きていたのかという点を解明する手掛かりとなる。この研究成果についての報告が、今週掲載される。

肉鰭類の大型魚であるシーラカンスは、絶滅種と考えられていたが、1938年に南アフリカ沖でLatimeria chalumnaeが発見され、「生きている化石」の地位を得た。Latimeria種は、化石種と異なり、浅い海への適応と考えられている特有の「石灰化した肺」を持っておらず、現生種のシーラカンスの解剖学的構造に化石種の名残があるのかどうかは、現在まで解明されていない。

今回、Paulo Britoたちは、X線断層撮影法という画像化技術を用いて、シーラカンスの現生種L. chalumnaeの肺の5つの発生段階を三次元的に再構成した。その結果、L. chalumnaeの初期胚には、正常に機能する可能性のある十分に発達した肺があるが、その成長が後期胚期、幼若期、成体期になって相当に鈍化して、機能しない器官(痕跡器官)と化すことが確認された。

また、Britoたちは、Latimeria種の成体標本において、退化した肺の周囲に弾力性のある小さな板状組織が散在していることを報告しており、これがシーラカンスの化石種の「石灰化した肺」に匹敵するものだという見解を示している。この板状組織は、鰓呼吸をする現生種の役には立たないが、化石種においては肺容量の調節に何らかの役割を果たしており、シーラカンスが深海環境に適応するにつれ、その機能が失われていったと考えられている。

The presence of a lung in living coelacanths, deep-water fish once thought extinct, is confirmed in a paper published this week in Nature Communications. Although this lung is no longer thought to be functional, it provides clues about how its ancient relatives might have lived some 410 million years ago.

Coelacanths are large, lobe-finned fish that were believed to be extinct until a living species, Latimeria chalumnae, was discovered off the coast of South Africa in 1938, earning them the status of so-called ‘living fossils’. Compared to fossil species, Latimeria lacks a characteristic ‘calcified lung’, thought to be an adaptation to shallow water, and it is not currently known whether any remnants of these fossil species have been retained in the coelacanth’s present-day anatomy.

Paulo Brito and colleagues create 3D reconstructions of five developmental stages of the lung of the living coelacanth species Latimeria chalumnae using an imaging technique called X-ray tomography. They confirm that although this species possesses a well-developed, potentially functional lung in early-stage embyros, growth of the lung is slowed considerably at later embryonic, juvenile and adult stages, eventually becoming functionless (vestigial).

The authors also report the presence of small, flexible plates scattered around this vestigial lung in the adult Latimeria specimens and suggest they are comparable to the ‘calcified lung’ of fossil coelacanths. While these structures are no longer of use in living species that breath using gills, in fossil species these plates are thought to have played a role in regulating lung volume, eventually being lost as species became adapted to deep-water environments.

doi: 10.1038/ncomms9222

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度