Research press release

【物理科学】旅人には帰還者と探検者がいる

Nature Communications

Physical sciences: Human travellers split between returners and explorers

人間の移動性パターンに関する広範囲に及ぶデータベースの解析が行われ、個人の移動行動に2つの異なるクラス、つまりreturner(帰還者)とexplorer(探検者)が存在していることが明らかになった。この観察結果によって、新しい移動モデルが作られ、感染症の流行拡大を阻止する上で役立つ可能性があると考えられている。この研究結果についての報告が、今週掲載される。

人間の移動に見られる個人差からは、比較的高レベルの統計学的予測可能性によって集団レベルの全体パターンの予測ができるようになっている。利用可能な追跡データセットが増えているため、定量的な移動モデルを開発し、検証できるようになったのだ。

今回、Albert-Laszlo Barabasiたちは、3カ月間にわたる67,000人の通話記録の匿名化データセットを解析し、1カ月間にイタリア中部を移動した約46,000台の自動車のGPS追跡データと比較した。そして、追跡対象者ひとりひとりについて、最も訪問回数の多い地点を調べることで得られた反復的移動先への総移動距離を比較した。その結果、「探検者」と呼ばれるサブグループの移動行動を反復的移動から推定できなかった反面、「帰還者」のパターンは十分に解明できた。既存の移動モデルでは、こうした差異を説明できなかったため、Barabasiたちは、移動パターンのシミュレーションによって得られた知見を再現する新しいモデルを開発したといえる。

今回の研究で、「探検者」は、その移動に反復性がないために感染症の流行拡大可能性に影響を与えることが判明した。例えば、トスカナの集団に関する広域的な移動ネットワークのシミュレーションからは、「探検者」の割合が増えると、感染症流行が蔓延する確率が高まることが明らかになった。この研究結果は、人間の移動に関する解明を進め、モデルを作成することが、今後の疾患の拡大の予測に役立つ可能性のあることを示唆している。

The analysis of extensive datasets on human mobility patterns reveals the existence of two distinct classes of individual travel behaviour, returners and explorers, reports a study published in Nature Communications. This observation allows the creation of a new model of mobility which may help contain the spread of epidemics.

Variability in human movement is accompanied by a relatively high degree of statistical predictability of global patterns at the population level. The increasing availability of tracking datasets has now made it possible to develop and verify quantitative mobility models.

Albert-Laszlo Barabasi and colleagues analysed an anonymized dataset composed of 67,000 individuals’ call records over a three-month period, and compared it with the GPS traces of roughly 46,000 vehicles travelling through central Italy over a month. For each tracked person, they compared the overall distance travelled to their recurrent mobility, obtained by looking at their most visited locations. The researchers found that the mobility behaviour of a subset of individuals, the explorers, could not be approximated by their recurrent trips, as opposed to the well-defined patterns of the returners. Since existing mobility models could not account for this difference, the research team developed a new model to reproduce their findings through simulated travel patterns.

Explorers, by virtue of their non-recurring mobility, were found to influence the potential spread of epidemics. For example, simulated global mobility networks for the population of Tuscany show that, as the proportion of explorers increases, the chances of a widespread epidemic also increase. This suggests that improved understanding and modelling of human mobility have the potential to help predict the future spread of disease.

doi: 10.1038/ncomms9166

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度