Research press release

【免疫】アルツハイマー病の新しい治療法

Nature Communications

Immunology: New approach in Alzheimer's treatment

アルツハイマー病を治療できる可能性があるとされる新しい方法についての方向が、今週掲載される。マウスの実験が行われ、体内の免疫系の制御にとって重要な特定の白血球(制御性T細胞)を標的にすることで、アルツハイマー病の主要な症状を治療できることが明らかになった。

アルツハイマー病は、中枢神経系を冒し、ニューロンの損傷、プラーク(タンパク質の固まり)の形成、慢性炎症を引き起こす。こうした症状は、免疫細胞を中枢神経系に輸送することで緩和されるという考え方がこれまでに示されていた。

このMichal Schwartzたちの論文では、マウスにおいて、Foxp3+制御性T細胞(Treg細胞)の活性を阻害することで脳へ輸送される免疫細胞が増えることが明らかにされた。この実験の結果、炎症とプラークが減り、認知テストの成績が向上した。今回の研究では、脳を冒す疾患における制御性T細胞の役割が浮き彫りになり、将来的なアルツハイマー病の治療で制御性T細胞が薬物標的となる可能性が明らかになった。

A new, potential way of treating Alzheimer’s disease is described in a study published in Nature Communications this week. This study shows that, by targeting specific white blood cells important in regulating the body’s immune system, known as regulatory T-cells, key symptoms of Alzheimer’s disease can be successfully treated in mice.

Alzheimer’s disease affects the central nervous system, leading to damage to neurons, formation of clumps of protein known as plaques, and chronic inflammation. It was previously realised that these symptoms are alleviated when immune cells are channelled towards the central nervous system.

In this paper, Michal Schwartz and colleagues show that blocking the activity of specific T-cells (known as Foxp3+ Tregs) allows more immune cells to move towards the mouse brain. As a consequence, inflammation and plaques are reduced, and the animals perform better in cognitive tests. This work highlights a role of regulatory T-cells in diseases that affect the brain. It also identifies these cells as possible drug targets for future treatment of Alzheimer’s disease.

doi: 10.1038/ncomms8967

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度