Research press release

中国の温暖化

Nature Climate Change

China heats up

気候システムに対するヒトの影響により、現在では、中国東部の夏が極端な高温となる可能性は1950年代の60倍になっていることを報告した論文が、今週のオンライン版に掲載される。将来の温室効果ガス排出量が中程度で一定していれば、こうした極端な高温の傾向が続き、2024年までには、1日の最高気温が35℃以上となった2013年の記録的な夏の高温に匹敵する夏が、半数を占めるようになると予測された。

Xuebin Zhangたちは、1950年代から2013年までの中国東部の気温記録を分析し、極端な気温に対する自然とヒトの影響を突き止め、この期間に0.82℃温暖化したことを明らかにした。その結果、ヒトの影響を示すはっきりした証拠が発見され、その結果を気候モデルの予測を用いて推定したところ、近い将来、夏の極端な高温の頻度が高まることが明らかになった。

An extremely warm summer in Eastern China is now 60 times more probable than it was in the 1950s due to human influence on the climate system, reports a paper published online in Nature Climate Change. If future greenhouse-gas emissions are fixed at a moderate level, this trend of hot extremes is predicted to continue and by 2024, half of summers are projected to match the heat of the 2013 record summer, which had daily maximum temperatures of 35 degrees Celsius or more.

Xuebin Zhang and colleagues analyse Eastern China temperature records from the 1950s to 2013 to determine natural and human influences on extreme temperatures and show a warming of 0.82 degrees Celsius over the period. The authors find a clear indication of human influence and extrapolate their results using climate model projections to show that summer heat extremes will become more frequent in the near future.

doi: 10.1038/nclimate2410

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度