著者インタビュー

Nature Climate Change に論文が掲載された日本人の先生に、その研究の概要や意義をご説明いただきました。

その他の「著者インタビュー」

2013年

季節的な気候による食糧生産の変動を、世界規模で予測する手法を開発

2013年10月号掲載

今回の研究では、季節予測と呼ばれる1か月から1年程度先の気候予測を用いた場合に、世界規模での豊凶をどの程度の信頼性で予測できるかを評価しました。

ハワイに接近するハリケーンが将来増加すると予測

2013年8月号掲載

過去30年で、ハワイ付近に接近したハリケーンの数は8個と、比較的少ないものでした。しかし、1992年のハリケーン・イニキのように、一旦ハワイ付近にハリケーンが接近することで、社会経済や生態系に大きな損失がもたらされる可能性があります...

微生物によってN2Oの発生を削減することに初めて成功!

2013年3月号掲載

大気中の一酸化二窒素(N2O)は増加し続けています。このN2Oは、二酸化炭素の約300倍の温室効果を有するだけでなく、深刻な地球環境問題であるオゾン層破壊の原因物質でもあります。N2Oの主要な発生源は農業で、世界の人為的発生源の60%を占めています。このため、農耕地から発生するN2Oを削減する技術の開発が切望されています。

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度