Research press release

高地アジアでの水の増加

Nature Climate Change

Increased water in High Asia

気候変動による降水量と氷河融解の増加が予測されているが、そのため少なくとも2050年までに、高地アジアでの河川流出量が増加する可能性があることを示した論文が、今週オンライン版に掲載される。この結果は、この地域の利用可能水量に関する議論に、季節変化と極端な気象現象も加える必要があることを示している。

Arthur Lutzたちは高解像度モデルを用いて高地アジアの主な河川流域5か所(インダス川、ガンジス川、ブラマプトラ川、サルウィン川、メコン川)の水文学を定量化した。河川が異なれば流出量の構成も異なり、例えばインダス川上流域では氷河の融解水が大部分を占め、河川流量の40.6%を構成しているが、メコン川上流では氷河の融解水の寄与は最少である。Lutzたちは気候モデルから得られたデータを用い、気候変動が2050年までの利用可能水量にどのような影響を及ぼすかを調べた。

ガンジス川、ブラマプトラ川、サルウィン川、メコン川の流域では、氷河地域の減少による影響が融解速度の上昇によって相殺されるため、氷河の融解水の変化はないと予想された。これらの4か所の流域では、気候変動によって降水量が最大で9.5%増加すると予測された。5か所目のインダス川流域上流は融解水が大部分を占めるため、Lutzたちは、降水量はわずかに減少すると予測されているものの、融解は加速すると予想している。

A projected increase in precipitation and glacier melt, due to climate change, will result in greater runoff from rivers in High Asia until at least 2050, reports a paper published online in Nature Climate Change this week. This suggests that discussion of water availability in this region must also include seasonal changes and extreme weather events.

Arthur Lutz and colleagues used a high-resolution model to quantify the hydrology of five major river basins - Indus, Ganges, Brahmaputra, Salween and Mekong - in the High Asia region. Different rivers have different runoff composition: for example, the upper Indus Basin is dominated by glacier melt, which makes up 40.6% of the streamflow, compared with the upper Mekong Basin, where glacier melt makes a minimal contribution. The team used climate model outputs to investigate how climate change will impact water availability up to 2050.

For the Ganges, Brahmaputra, Salween and Mekong river basins, glacier melt is not expected to change, as the effects of decreased glacier area will be compensated by increased melt rates. Rainfall is projected to increase due to climate change by up to 9.5% for these four basins. For the fifth, the upper Indus Basin, which is melt-dominated, the researchers expect accelerated melt, although rainfall is projected to slightly decrease.

doi: 10.1038/nclimate2237

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度