Research press release

英国で夏の降水量が増加

Nature Climate Change

Heavier summer rain in the UK

英国南部では夏季に短時間の降雨事象が強まるという予測を示した論文が、今週のオンライン版に掲載される。この予測は、英国気象庁および環境局洪水予報センターの、深刻な鉄砲水に関する指針値を超える事象が増加することを意味する。

Elizabeth Kendonたちは、気象予報で一般的に使われているモデルを用い、英国南部での1時間ごとの降水量の変化を調査した。この高解像度モデル(格子間隔1.5 km)では、降水事象および降水強度を1時間の時間スケールで予測できる。

このモデルにより、解像度がより粗いモデルと、冬季の降水量増加に関するこれまでの知見から得られた予測が確認された。しかし、粗いモデルでは温暖化による夏季の豪雨の変化を予測できなかったが、高解像度モデルでは局所的な暴風雨の力学の正確な表示を用いて予測することができた。

Short duration rain events are predicted to intensify during the summer months in the southern United Kingdom, reports a Letter published online in Nature Climate Change this week. This predicted increase means more events would exceed the Met Office and Environment Agency Flood Forecasting Centre guidance threshold for serious flash flooding.

Elizabeth Kendon and colleagues used a model typically employed for weather forecasting to investigate hourly rainfall changes in the southern UK. The model’s high resolution - 1.5 km grid spacing - allows projections of rainfall events and intensities on an hourly timescale.

The model confirmed projections from a coarser resolution model and previous findings of winter rainfall intensification. However, the coarser model was unable to project changes in summer downpours due to warming, which the higher resolution model was able to predict using accurate representation of local storm dynamics.

doi: 10.1038/nclimate2258

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度