Research press release

交雑に適した気候

Nature Climate Change

A climate for hybridization

気候温暖化によって北米西部のサケ類の交雑(在来種と外来種の異種交配)が増加していることを示した研究論文が、今週のオンライン版に掲載される。こうした相互作用は気候変動下で増強されており、生物多様性に対する深刻な脅威となっている。

今回、Clint Muhlfeldたちは、在来種のウエストスロープカットスロートトラウト(Oncorhynchus clarkii lewisi)と、過去1世紀にわたって米国モンタナ州のフラットヘッド川水系に導入されてきた外来種のニジマス(Oncorhynchus mykiss)の交雑の範囲を調査した。その結果、過去においては、交雑は1つのソース個体群だけに広がっていたが、温暖化が加速したここ30年の間に、交雑は水系を介して上流へ急速に広がったことが分かった。また、春の降水量の減少と夏の川の温度の上昇が、この変化の主な駆動因であることが明らかになった。

Climate warming is increasing the hybridization of trout-interbreeding between native and non-native species-in Western North America, according to a study published online this week in Nature Climate Change. These interactions are being enhanced under climate change and pose a serious threat to biodiversity.

Clint Muhlfeld and colleagues investigated the extent of hybridization between native westslope cutthroat trout (Oncorhynchus clarkii lewisi) and non-native rainbow trout (Oncorhynchus mykiss), which have been introduced into the Flathead River system in Montana, USA, over the past century. They found that hybridization was historically prevalent in only one source population but that during a recent 30-year period of accelerated warming, hybridization spread rapidly upstream through the river system. Decreases in spring precipitation and increases in summer stream temperature were identified as the major drivers of change.

doi: 10.1038/nclimate2252

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度