Research press release

河川流量に対する降雪量の影響

Nature Climate Change

Influence of snow on streams

降雪と河川流量(河川とその他の水路を流れる水量)の増加との間に関連性が認められることを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。地表面温度が上がると、雪による降水が減り、その結果として河川流量が減るということだ。

降雪量が減っても、河川流量に著しい影響は生じないというのがこれまでの考え方だった。今回、Wouter Berghuijsたちは、1948~2001年の米国内の420か所の集水域に対して、水収支の枠組み、つまり、平均蒸発量と平均降水量の比率を適用して、この論点を検討した。その結果、降水量全体における降雪量の割合が増加すると、平均河川流量が増加することが分かった。ただし、その応答レベルは、集水域によってばらつきがあった。

なお、降雪量の減少傾向が利用可能水量に与える影響を解明し、水資源計画を促進するためにはさらなる研究が必要なことが、今回の研究結果によって示唆されている。

Higher streamflow - the water flow in streams, rivers and other watercourses - is associated with snowfall, reports a paper published online in Nature Climate Change this week. Increased surface temperatures will cause less precipitation in the form of snow, resulting in reduced streamflow.

The impact of decreased snowfall has previously been assumed not to influence streamflow significantly. Wouter Berghuijs and colleagues investigated this by applying a water-balance framework, a ratio of mean evaporation to mean precipitation, to 420 catchment basins in the United States during the period 1948-2001. The authors report that when there is an increase in the fraction of precipitation falling as snow, there is a higher mean streamflow, although the level of response varies between catchments.

These results suggest that further study is needed to understand the impacts of a shift to less snowfall on water availability and to facilitate water resource planning.

doi: 10.1038/nclimate2246

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度