Research press release

酷暑による死者の増加

Nature Climate Change

Deathly heat

過去30年間のストックホルム(スウェーデン)における猛暑を原因とする死者数は、気候変動を考慮しない場合の予測の2倍に達したとする研究結果が明らかになった。その詳細を報告する論文が、今週、Nature Climate Change(オンライン版)に掲載される。

今回、Daniel Oudin Astromたちは、1980~2009年の極端な気温に関連した死者の原因が、基準とした1900~1929年の期間以降に生じた気候変動の影響であったかどうかを調べた。その結果、20世紀初頭以降の高温天候事象の頻度の増加によって死者数が有意に増加したことが判明したが、こうした変化に対するスウェーデン人集団の適応を示す証拠はほとんどなかった。その一方、冬季の平均気温が上昇したにもかかわらず極端な低温の頻度がやや増加し、このことは、冬季月間の死者数がわずかに増加した一因となった。

In the past thirty years the number of deaths resulting from extreme heat in Stockholm, Sweden, was double that which would be expected without climate change, according to a paper published online this week in Nature Climate Change.

Daniel Oudin Astrom and colleagues investigate whether extreme temperature-related mortality during 1980-2009 can be attributed to effects of climate change that have occurred since the 1900-1929 reference period. They find that mortality was significantly elevated because of the increased frequency of hot weather events since the beginning of the twentieth century, and there is little evidence that the population had adapted to deal with these changes. The frequency of cold extremes also increased slightly, despite higher average winter temperatures, contributing to a small rise in mortality during the winter months.

doi: 10.1038/nclimate2022

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度