Research press release

地球の水循環は何に影響されているのか

Nature Climate Change

Water cycle impacts

1950年代から1980年代にかけて全球水循環が衰退した原因は大気中のエアロゾルの増加だったという見解を示す論文が、今週オンライン版に掲載される。温暖化しつつある地球では、降水量と河川流量の増加が予想されるのだが、そのような観測結果が得られていない。この論文によれば、そうした食い違いが1980年代まで続いたのは、人間活動によって大気中の微粒子物質の濃度が高くなっていたからであり、1980年代になって温室効果ガスの濃度が上昇すると、水循環は回復したとされる。

今回、Peili Wuたちは、気候モデルによるシミュレーションを解析し、気候変動が水循環に及ぼす影響を明らかにした。そして、これまでに観測された降水量の傾向は、2つの人為起源の因子(大気中のエアロゾルと温室効果ガス濃度)の影響が組み合わさった結果であることがわかった。

近年、温室効果ガス排出量の増加と大気汚染の減少によって水循環が強化されているが、このことは、現在の傾向が続けば、降水量のさらなる増加を期待できることを示している。

A weakening of the global hydrological cycle between the 1950s and 1980s is attributable to increased atmospheric aerosols, reports a study published in Nature Climate Change this week. In a warming world, an increase in precipitation and river discharge could be expected, but this has not been observed. High levels of anthropogenic atmospheric particles account for this discrepancy until the 1980s, when increasing greenhouse gases lead to recovery of the cycle.

Peili Wu and colleagues analysed climate model simulations to discover the impact of climate change on the hydrological cycle. The observed trends in precipitation were found to be a result of the combined influence of two anthropogenic factors - atmospheric aerosols and greenhouse gas concentrations.

Increasing emissions with reductions in air pollution have strengthened the hydrological cycle in recent years, indicating that a further increase in precipitation may be expected if the current trend continues.

doi: 10.1038/nclimate1932

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度