Research press release

ハワイ周辺の熱帯低気圧の進路が変化する

Nature Climate Change

Shifting storm tracks

ハワイ諸島周辺では、21世紀の終わりにかけて、低気圧の発生が増加するという予測が明らかになった、今回の研究では、熱帯低気圧が増加する一因が、低気圧の進路を変化させるほどの大規模な環境条件の変化であることが示されている。

今回、村上裕之(むらかみ・ひろゆき)たちは、数々のモデル、分解能、環境変数を用いて、2075~2099年の低気圧の活動を予測した。ハワイに影響を与える低気圧は、メキシコ沿岸沖で発生する傾向があり、今回の研究結果は、低気圧の頻発が、外洋での低気圧のトラックが北西方向に移動していることと主に関連していることを示している。

もっと高温の環境で発生する低気圧は少なくなる可能性があるが、実際に発生する低気圧はハワイに達する可能性が高く、低気圧による経済的被害やその他の影響が発生するリスクが上昇すると予測されている。

Cyclones are projected to increase around the Hawaiian Islands by the end of the century, reports work published in Nature Climate Change this week. The study shows that an increase in frequency of tropical cyclones is attributable to changes in large-scale environmental conditions that alter storm tracks.

Hiroyuki Murakami and colleagues use a number of different models, resolutions and environmental variables to predict storm activity for 2075 to 2099. Cyclones that impact Hawaii tend to form off the Mexican coast, and the results of this study indicate that the increased frequency is primarily associated with a north-westward shift of the cyclone track in the open ocean.

Moreover, although fewer storms may form in the warmer climate, those that do are more likely to reach Hawaii, increasing the risk of storm-related impacts and costs.

doi: 10.1038/nclimate1890

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度