Research press release

全球アルミ循環の影響

Nature Climate Change

Impacts of global aluminium cycle

2050年の温室効果ガス排出量を2000年比で50%削減するという目標に関して、もし開発途上国におけるアルミのストックのパターンが先進工業国のパターンをたどれば、目標達成はできないとする研究報告が、今週、Nature Climate Change(オンライン版)に掲載される。

G Liuたちは、今後の全球アルミ循環のシミュレーションを行い、それに関連する排出経路と緩和可能性を調べた。その結果、50%削減という目標は、今後の世界のアルミの一人当たりのストックを200kgで飽和させなければ達成できないことが判明した。この200kgというレベルは、現在の主要先進工業国でのレベルである400~600kgよりかなり低い。このことは、炭素捕捉、炭素貯蔵など一次生産による排出量の削減に焦点を当てた従来の緩和戦略を補完するものとして、使用中の材料のストックを減らしつつ、サービスのレベルを現状維持かそれ以上に高めることを目標とした革新的な方法(例えば、軽量設計や部品の最適化)が必要なことを示している。

A 50% reduction in greenhouse-gas emissions by 2050, which would bring levels to below 2000 levels, cannot be reached if developing countries’ patterns of aluminium stock follow those of industrialized economies, reports a study published online this week in Nature Climate Change.

Gang Liu and colleagues simulated the future global aluminium cycle and explored its associated emissions pathways and mitigation potentials. They found that the 50% reduction target can only be reached if future global per capita aluminium stocks saturate at 200 kg, a level much lower than in major industrialized countries, which currently ranges between 400 and 600 kg. This indicates that traditional mitigation strategies focusing on emissions-intensity reduction in primary production - such as carbon capture and storage - should be complemented with innovative approaches aiming to reach the same or higher level of service with smaller stocks of material in use, for example, lightweight design and optimization of components.

doi: 10.1038/nclimate1698

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度