Research press release

巨大都市圏の温暖化

Nature Climate Change

Urban Heat

米国アリゾナ州のサン・コリドーのような巨大都市圏(メガポリタン)の拡大によって、その気温が2050年までに最大で摂氏4度上昇する可能性があるとした研究論文が、今週、Nature Climate Change(オンライン版)に掲載される。この新知見は、中心市街地が周辺地域より気温が高いという都市のヒートアイランド現象の解明に寄与し、この影響に対抗するための新技術の有効性を高めるうえでも役立つだろう。

今回、M Georgescuたちは、サン・コリドーにおける都市圏の拡大に関するモデルを作成し、気温と水収支が都市圏の拡大によって影響を受け、気温の日内変動幅が狭くなっていることを見出した。気温の上昇は、都市開発の種類によって左右されるが、通常は、摂氏1度以上の上昇となる。これに対して、クールルーフ技術の設置によって、温暖化効果を著しく緩和できる可能性も浮上している。

The expansion of megapolitan regions, such as the Arizona Sun Corridor, could result in regional temperature rises of up to four degrees Celsius by 2050, reports a study published online this week in Nature Climate Change. These findings contribute to the understanding of urban heat islands - increased temperature in urbanized centres relative to the surrounding region - and the effectiveness of new technologies to counter this effect.

Matei Georgescu and colleagues modelled urban expansion in the Sun Corridor of Arizona. They find that temperatures and hydrological balances are affected by urban expansion, with diurnal temperature ranges narrowing. Temperature increases are dependent on the type of urban development, but are typically greater than one degree Celsius. However, installation of cool roof technologies can significantly reduce the warming effect.

doi: 10.1038/nclimate1656

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度