Research press release

景観の火災による健康上のリスク

Nature Climate Change

Health risks of landscape fires

エルニーニョ年には景観の火災発生率が高くなり、大気中の微粒子物質の濃度が目標値を超える日数が200日増え、成人の死亡率が約2%上昇することが明らかになった。この新たな知見は、世界の公衆衛生にとって重要な意義がある。こうした研究結果を報告する論文が、今週、Nature Climate Changeに掲載される。

今回、M Marlierたちは、人工衛星の観測データに基づいた火災発生件数の推定値と大気モデルを用いて、1997~2006年の東南アジアでの地域的な土地火災が健康に及ぼした影響を定量化した。その結果、その期間中のエルニーニョ年の火災による放出によって、世界人口の最大11%が、世界保健機関の中間目標値を超える大気中の微粒子物質とオゾンに繰り返しさらされたことが明らかになった。Marlierたちは、地域的な森林破壊と環境劣化を減らし、それによって土地利用の変化による森林火災を低減することで、一般市民の健康が改善されるという考え方を示している。

El Nino years increase the incidence of landscape fires, resulting in an additional 200 days per year when atmospheric particle targets are exceeded and increase adult mortality by about two per cent. The findings, reported this week in Nature Climate Change, have implications for global public health.

Miriam Marlier and colleagues use satellite-derived fire estimates and atmospheric modelling to quantify health effects of regional land fires in southeast Asia between 1997 and 2006. They show that the fire emissions for El Nino years in that period repeatedly exposed up to 11% of the population to atmospheric particles and ozone levels above the World Health Organization’s interim targets. The authors suggest that reducing regional deforestation and degradation - and thereby forest fires caused by land-use change - would therefore improve public health.

doi: 10.1038/nclimate1658

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度