Research press release

加速する北極湿潤化の一つの原因

Nature Climate Change

Increased arctic wetting

今後数年間の北半球高緯度域における降水量の増加と水循環の増加傾向の背後にある重要な駆動要素は、大気中の水蒸気の輸送だとする考え方を示した論文が、今週、Nature Climate Change(オンライン版)に掲載される。こうした傾向は、すでにユーラシア北極圏での河川流出量の増加と気候モデルによる予測によって示されており、その原因として、局所的な温暖化効果の結果生じた数々の要因が挙がっていた。

今回、X Zhangたちは、河川流出量の増加が過去10年間に加速し、この増加に決定的な寄与をしたのが、北極に向けた大気中の水蒸気の輸送だったことを明らかにした。

今回得られた知見は、気候システムとの水文相互作用(例えば、極地増幅への水蒸気の寄与)の解明を進めるうえで役立ち、密度駆動の海洋循環にとっても大きな意義をもつだろう。

Atmospheric moisture transport may be a key driver behind increased precipitation and an enhanced hydrological cycle trend in northern high latitudes in coming years, reports a study published online in Nature Climate Change this week. Previously these trends-which are indicated by increasing Eurasian Arctic river discharges and climate model projections-had been attributed to various factors as a result of local warming effects.

Xiangdong Zhang and colleagues find that the increase in river discharge has accelerated over the past decade, and that enhancement of poleward atmospheric moisture transport decisively contributes to this increase.

This knowledge will help understanding of hydrological interactions with climate systems, such as the contribution of water vapour to polar amplification, as well as implications for density-driven ocean circulation.

doi: 10.1038/nclimate1631

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度