Research press release

干ばつがアフリカトウモロコシの収量低下を深刻化

Nature Climate Change

Drought worsens dilemma for African maize

食料生産に対する熱ストレスと水ストレスの影響に関する解析結果を報告する論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載された。今回の解析は、特にアフリカトウモロコシとその温暖化への対処能力に焦点を当てたもので、1℃の温暖化で、現在のアフリカのトウモロコシ栽培地域の65%で、収量減になるという結果になった。また、干ばつ条件下では、現在のトウモロコシ栽培地域の100%で収量減となり、そのうちの75%で、少なくとも20%の収量減になるとされる。気候変動が食料生産に及ぼす影響は、特に熱帯地域での影響が、まだよくわかっていない。今回D Lobellらは、1999~2007年に実施された2万回以上のアフリカトウモロコシの収量試験のデータと日々の天気記録を用いて、熱ストレスと干ばつが収量に及ぼす影響を調べた。「ディグリーデー」は、作物に加わる熱の量と継続期間を示す尺度の1つだが、Lobellらは、気温が30℃を超えると、天水で栽培されるトウモロコシの場合には、1ディグリーデーごとに収量が1%減少することを見出した。この結果は、米国での温帯トウモロコシに関する観察結果と一致している。その一方で、干ばつ条件下では、気温30℃超で1ディグリーデーごとに収量が1.7%減少することも明らかになり、利用可能な水の量が、トウモロコシの生き残りにとって極めて重要なことが示唆されている。

The impact of heat and water stress on food production are analysed in a paper published in Nature Climate Change this week. Looking specifically at African maize and its ability to cope with warming, the work suggests that 1 °C of warming would result in yield losses for 65% of the current maize-growing region in Africa. Under drought conditions, 100% of the currently cultivated area would experience yield losses, with 75% of this area suffering losses of at least 20%. The impact of climate change on food production remains uncertain, particularly in the tropics. David Lobell and colleagues used historical data from over 20,000 African maize trials conducted between 1999 and 2007, together with daily weather records, to investigate the impact of heat stress and drought on yield. They found that for each ‘degree day’ the crop spends above 30 °C — a measure that accounts for the amount and duration of heat experienced by the plant — the yield decreases by 1% if the plants are rainfed. This result tallies with observations for temperate maize varieties in the United States. Importantly, however, they also show that under drought conditions, yields decrease by 1.7% for each degree day spent over 30 °C, suggesting that water availability is critical to survival.

doi: 10.1038/nclimate1043

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度