Research press release

気候変動否定論者を環境保護活動に参加させるための工夫

Nature Climate Change

Motivating climate change deniers

気候変動緩和活動を社会にプラスの効果を生み出すものとして構成すると、気候変動否定論者が環境保護活動に参加する意欲が高まることが明らかになった。西側民主主義諸国では人為起源の気候変動を否定する国民の割合が増えており、専門家は、気候変動否定論者が気候変動緩和政策を支持するようになるためには否定論者の「宗旨替え」が必要だと考えているが、今回の研究結果は、そのような一般的な考え方に異議を唱える形になっている。詳細を報告する論文は、今週、Nature Climate Change(オンライン版)に掲載される。

P Bainたちは、2011年5~7月と2012年2月にオーストラリアで収集されたデータをもとに2つの研究を行った。第1の研究では、気候変動関連活動が社会にもたらす影響に関する考え方と環境保護の意思との関係を調べた。その結果、155人の気候変動否定論者が、気候変動関連活動によって人々が他人を思いやり、他人の面倒を見るような社会ができる(ぬくもり構成)と考え、経済的・技術的発展が促進される(発展構成)と考えた場合に、もっと環境に配慮した行動をとろうとする意思を持つことが判明した。そして、第2の研究では、気候変動関連活動を人間関係のぬくもりと社会の発展を高めるように構成する方法が、気候変動のリスクに重点を置いて、気候変動否定論者の行動意欲を高める方法(現実的構成)よりも効果的なのかどうかを調べた。その結果、全国代表サンプル(347人)において、ぬくもり構成と発展構成を用いることで、現実的構成を示された気候変動否定論者と気候変動支持者における環境保護的活動に参加する意思を持つ者の占める割合の差が3分の1縮まった。

Framing climate change mitigation efforts in terms of their positive societal effects can encourage deniers to act pro-environmentally, reports research in Nature Climate Change this week. A growing proportion of the public in Western democracies deny anthropogenic climate change, and experts assume that climate deniers need to be ‘converted’ to get them acting in support of mitigation policy. This study questions such common assumption.

Paul Bain and colleagues conducted two studies, based on data collected in Australia in May-July 2011 and February 2012 respectively. In the first study they measured the relationships between beliefs about the social consequences of climate change action and pro-environmental intentions. They found that 155 climate deniers intended to act more pro-environmentally where they thought climate change action would create a society where people are more considerate and caring (Warmth frame), and where there is greater economic/technological development (Development frame). In the second study they examined whether framing climate change action in terms of increasing interpersonal warmth and societal development may be a more effective approach than focusing on the risks of climate change (Real frame) to motivate deniers’ action. In a nationally representative sample of 347 people, they found that using Warmth and Development frames bridged one-third of the gap in pro-environmental intentions between deniers presented with a Real frame and the average of believers.

doi: 10.1038/nclimate1532

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度