Research press release

ワインを環境変化に適応させる

Nature Climate Change

Climate Change: Adapting wine to change

オーストラリアではワイン用ブドウの早期成熟傾向が見られるが、その主な原因として、気候に関連する2つの変数(温暖化と土壌水分量の減少)が報告された。これに加えて、収穫量の減少と管理方法の変化も寄与していることが明らかになった。今回得られた知見は、適応戦略の標的を効果的に絞り込むうえで役立つ可能性がある。この研究成果を報告する論文は、今週、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。 近年、オーストラリアで見られるワイン用ブドウの早期成熟は、ワインの質に好ましくない影響を及ぼすことが多い。こうした気候変動に伴う生態系のライフサイクル事象の傾向は広く報告されているが、この傾向を何らかの駆動機構に結びつけた研究報告は数が少ない。今回、L Webbたちは、最長64年間にわたるオーストラリア南部全体でのワイン用ブドウの成熟と環境変数の長期記録の統計モデルによる要因分析を行った。 早期成熟を引き起こすことがわかった要因の一部、例えば、土壌水分量と収穫量は、選択的管理によって操作できることから、Webbたちは、今回の研究により、環境条件の変化にかかわらずワインの質を維持する方法に関する有用な手がかりが得られたと考えている。

Trends towards earlier wine grape maturation in Australia can be primarily attributed to two climate-related variables: warming and declining soil water content reports a study published online this week in Nature Climate Change. Crop-yield reductions and evolving management practices were also found to have contributed - findings which may help to effectively target adaptation strategies. Early ripening of wine grapes, as seen in Australia in recent years, often has undesirable impacts on wine quality. Such trends in ecological life-cycle events associated with climate change are widely reported, yet attribution of these trends to driving mechanisms remains rare. Leanne Webb and co-workers undertook this attribution analysis through statistical modelling of long records, up to 64 years, of wine grape maturity and environmental variables from across Southern Australia. As some of the factors found to be driving earlier maturity, such as soil moisture and crop yield, can be manipulated through directed management, the authors believe that this research provides useful insights into how to maintain wine quality under changing environmental conditions.

doi: 10.1038/nclimate1417

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度