Research press release

猛暑が小麦の老化を早める

Nature Climate Change

Hot crops age prematurely

作物収量を減らす影響のある作物の老化は、現在の大部分の作物モデルで過小評価されており、小麦の老化が極度の暑さによって加速することが明らかになった。この新知見は、小麦生産にとっての気候温暖化が、現在の作物モデルによる予測以上の大問題であることを示唆している。この研究結果を報告する論文は、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。 気候変動が農業に及ぼす影響を予測する際の不確実性の重要な原因の1つは、極度の高温に対する作物の応答があまり解明されていないことだ。今回、D Lobellたちは、インド北部での小麦の生育に関する人工衛星の測定結果を用いて、摂氏34度を超える高温に曝露された後の小麦の老化速度をモニタリングした。 広く用いられている2つの作物モデルによるシミュレーションでは、高温が小麦の老化に与える影響が過小評価されることが示唆された。老化の開始は、登熟、したがって作物収量の重大な制約であるため、作物モデルでは収量の減少が過小評価される可能性が高い。以上の新知見は、農業における適応策の成否が、非常に暑い日に対する作物の感受性をうまく低下させられるかどうかにかかっていることを示唆している。

Extreme heat can accelerate wheat aging — an effect that reduces crop yields and is currently underestimated in most crop models — according to a study published online this week in Nature Climate Change. These findings imply that climate warming presents even greater challenges to wheat production than current models predict. An important source of uncertainty in anticipating the effects of climate change on agriculture is limited understanding of crop responses to extremely high temperatures. David Lobell and co-workers used satellite measurements of wheat growth in northern India to monitor the rates of wheat aging — known as senescence — following exposure to temperatures greater than 34 °C. Simulations with two commonly used crop models suggest that existing models underestimate the effects of heat on senescence. Because the onset of senescence is an important limit to grain filling, and therefore grain yields, crop models likely underestimate yield losses. These findings suggest that the effectiveness of agricultural adaptations will depend on how well they reduce crop sensitivity to very hot days.

doi: 10.1038/nclimate1356

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度