Research press release

気候変動:極端な高温現象が深刻化するとミーアキャットの群れで結核を流行するリスクが高まる可能性がある

Nature Climate Change

Climate change: Higher temperature extremes may increase tuberculosis risk in meerkats

極端な高温現象が深刻化すると、カラハリ砂漠に生息するミーアキャットの群れでは、個体の生理的ストレスが増すだけでなく、雄が群れの間を移動するようになるため、群れの中で結核が流行するリスクが高まる可能性があるという研究結果を報告する論文が、Nature Climate Change に掲載される。

気候変動によって、病気の伝播と病気の影響の両方が変化することがある。例えば、干ばつは病気の原因となる生物の拡散を促進し、熱ストレスは感染症に対する感受性を増大させる。ミーアキャットのように社会集団で生活する動物は、このような変化の影響を特に受けやすい可能性がある。しかし、気候変動が社会性動物の病気に及ぼす影響に関する研究は、ほとんど行われていない。

今回Maria Paniwたちはカラハリ・ミーアキャット・プロジェクトのメンバーと共同で、カラハリ砂漠に生息する2600頭以上のミーアキャット(Suricata suricatta)の22年間にわたる成長と生活史の詳しいデータを用いて、気候要因が結核の影響とどのように相互作用しているかを明らかにした。結核は、広範囲に蔓延する致死性の地域流行病で、生物種の集団の崩壊の主たる原因の1つになることもある。今回、モデル化手法により、気候要因と社会的要因によって決まる結核の臨床症例間の関連性が解明された。Paniwたちは、極端な高温現象が深刻化すると、生理的ストレスが増すだけでなく、結核の重要な保因者である雄の移動が活発になるため、結核が流行するリスクが高まることを明らかにした。

こうした結核の影響をミーアキャットの個体数の将来予測に組み込んだところ、12年後の集団絶滅のリスクが2倍以上になり、動物個体群動態に対する気候と病気の相互作用の影響を考慮することの重要性が明確に示された。

Higher temperature extremes may increase the risk of outbreaks of tuberculosis in Kalahari meerkats by increasing physiological stress, as well as the movement of males between groups, according to a study published in Nature Climate Change.

Climate change can alter both the transmission and impact of disease, for example, droughts increasing the spread of disease-causing organisms or thermal stress increasing susceptibility to infection. Animals that live in social groups — such as meerkats — may be particularly susceptible to these changes. However, there is little research on the impacts of climate change on disease in social animals.

Maria Paniw collaborated with members of the Kalahari Meerkat Project and used 22 years of detailed growth and life-history data from more than 2,600 meerkats (Suricata suricatta) in the Kalahari to understand how climate factors can interact with the effects of tuberculosis — an endemic and widespread fatal disease, which can be one of the main causes of group collapse in the species. Modelling approaches were used to understand links between clinical cases of tuberculosis as a function of climate and social factors. The authors reveal that higher temperature extremes increase the risk of outbreaks by increasing both physiological stress, as well as the movement of males who are important carriers of tuberculosis.

Incorporating these disease effects into future population projections more than doubles the risk of group extinction in 12 years, highlighting the importance of considering the impact of climate–disease interactions on animal population dynamics.

doi: 10.1038/s41558-022-01284-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度