Research press release

気候変動:植物は地上部と地下部で温暖化に対する応答が異なっている

Nature Climate Change

Climate change: Mismatch between above- and below-ground plant responses to warming

気候変動に対する植物の応答は、地上部と地下部で異なると考えられることを明らかにした論文が、Nature Climate Change に掲載される。

植物の生活史上の出来事(春の開葉、開花、秋の落葉など)のタイミングは、植物の適応度と生存にとって非常に重要で、世界の人間の食料資源、生態系の機能、炭素循環にとって重要な意味を持つ。気候変動は、さまざまな植物の生活史上の出来事の変化をもたらしてきた。それは、地上部の変化によって明確に示されている。しかし、土壌中で起こっていると考えられている変化については、根系が植物の成長や陸域生態系の生産性に重要な役割を担っているにもかかわらず、十分に研究されていない。

今回、Xuhui Zhouたちは、88件の公開された研究のデータを解析し、気候変動に対する植物の応答が地上部と地下部で異なることを明らかにした。その差異の程度は、研究対象となった植物のタイプによって異なっていた。例えば、草本植物は、地上部の生育期の開始と終了が早くなり、結果として生育期全体の長さは変わなかったが、地下部の応答に変化はなかった。これに対して、木本植物は、気候温暖化によって地上部の応答に変化はなかったが、地下部の生育期が長くなった。

結論として、Zhouたちは、今回の研究のサンプルサイズが小さいことから、研究結果の解釈に注意を要すると強調している。サンプルサイズが小さいのは、利用可能なデータが限られており、特に植物の成長と陸上炭素循環に強く影響し得る地下部の変化に着目した研究が少ないためだ。そのため、Zhouたちは、さらなる研究が緊急に必要だとする見解を示している。

Plant responses to climate change may differ above and below ground, according to a paper published in Nature Climate Change.

The timing of plant life events — such as the emergence of spring leaves, flowering and the loss of leaves in the autumn — is crucial for their fitness and survival and has important implications for human food resources, ecosystem functioning and carbon cycles worldwide. Climate change has led to shifts in various plant life events, as demonstrated by above-ground changes. However, changes that may be occurring in the soil have been under-investigated — despite the important role of root systems in plant growth and terrestrial ecosystem productivity.

Xuhui Zhou and colleagues analysed data from 88 published studies, revealing a mismatch between above- and below-ground plant responses to climate change, which differ depending on the type of plant investigated. Herbaceous plants, for example, were found to have an earlier start and end to their above-ground growing season, resulting in no change in overall growing season length; however, below-ground responses remained unchanged. By contrast, in woody plants, climate warming did not change above-ground responses but did extend the below-ground growing season.

In their conclusion, the authors emphasize caution in interpreting these results given the study’s small sample size. This is owing to available data constraints, in particular, the limited availability of studies focused on below-ground changes, which can strongly influence plant growth and terrestrial carbon cycles. Subsequently, they suggest that there is an urgent need for further research.

doi: 10.1038/s41558-021-01244-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度