Research press release

気候変動:発電所の戦略的廃止によって気候変動緩和の健康上の利益が増える可能性

Nature Climate Change

Climate change: Strategic power plant retirement could enhance climate mitigation health benefits

気候-エネルギー緩和政策が実施されて1.5℃の地球温暖化の回避に成功することを前提にすると、高汚染型発電所を戦略的に廃止することで、2010~2050年に世界中でさらに累積600万人の命を救える可能性があることが明らかになった。この知見を報告する論文が、Nature Climate Change に掲載される。今回の知見から、気候変動を緩和することの健康上の利益が、汚染管理技術の導入や高汚染型発電ユニットの廃止などの補助プログラムに依存している可能性が示唆された。

化石燃料やバイオマスを燃焼させる火力発電所からのCO2排出量を削減すると、気候と公衆衛生上の利益がもたらされることがよく知られており、こうした利益は、大気汚染の削減によって生じる。しかし、個々の発電所の管理方法の違いが公衆衛生にどのように影響するかについては、解明が進んでいない。

今回、Qiang Zhangたちは、一連の気候-エネルギー緩和政策シナリオの下、個々の発電所レベルでの世界のCO2排出量と大気汚染関連死の差異をモデル化した。2010~2018年に、発電所からのCO2排出に関連した早期死亡の約92%が、低所得国や新興経済圏(中国、インド、東南アジア諸国など)で発生したと推定され、こうした早期死亡は、今後の気候-エネルギー政策の軌跡に影響される可能性が高い。Zhangたちは、気候-エネルギー政策が実施されて1.5℃の地球温暖化の回避に成功することを想定した最も野心的なモデルを例にとると、最も汚染が深刻で有害な発電所を戦略的に廃止すれば、気候-エネルギー政策だけを実施する場合と比べて、将来のCO2排出量を累積で18%(430億トン)削減でき、2010~2050年に予測されている死亡数を累積で100%(600万人)削減できる可能性があることを明らかにした。

Zhangたちは、今回の研究によって、気候変動緩和政策を実施しても、大気の質の改善と大気汚染関連死の減少が必ずしも保証されないことが示されたと結論付け、むしろ、緩和政策の健康上の利益がどの程度実現されるかは、汚染管理と発電所の戦略的廃止によって決まるのかもしれないと述べている。

Strategically retiring super-polluting power plants could cumulatively save an additional six million lives worldwide between 2010 and 2050, assuming that climate-energy mitigation policies are implemented that successfully avoid global warming of 1.5 oC. These findings, published in Nature Climate Change, suggest that the health benefits of mitigating climate change may depend on supplementary programs, such as deploying pollution control technologies and retiring super-polluting units.

The climate and public health benefits of reducing CO2 emissions from fossil fuel- and biomass-fired power plants are well known, and these result from reductions in air pollution. However, less is known about how differences in the way that individual power plants are managed could impact public health.

Qiang Zhang and colleagues modelled differences in CO2 emissions and air pollution-related deaths worldwide at the level of individual power plants across a range of climate-energy mitigation policy scenarios. Between 2010 and 2018, approximately 92% of the premature deaths related to power-plant emissions are estimated to have occurred in low-income or emerging economies such as China, India and countries in Southeast Asia, with such deaths likely to be influenced by future climate-energy trajectories. Considering the most ambitious model as an example, which assumes the success of climate-energy policies in avoiding global warming of 1.5 oC, the authors found that the strategic retirement of the most polluting and harmful power plants could cumulatively avoid 18% (43 billion tonnes) of future CO2 emissions and 100% (six million) of the predicted deaths between 2010 and 2050 as compared to implementing climate-energy policies alone.

The authors conclude that their findings underscore how climate mitigation does not necessarily guarantee improvements in air quality and reductions in air pollution-related deaths. Instead, they state that pollution controls and strategic power plant retirement may determine the extent to which the health benefits of mitigation policies are realized.

doi: 10.1038/s41558-021-01216-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度