Research press release

潜在的生物多様性の激減

Nature Climate Change

Cryptic biodiversity crash

気候変動に起因する生物種内での遺伝的多様性の減少は、生物種レベルでの生物多様性の減少よりも深刻である可能性が浮上した。この研究成果を報告する論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。今回の研究は、生物多様性に対する気候変動の影響を推定する際には生物種内での遺伝的多様性のパターンを考慮すべきことを示唆している。

今回、S Pauls、C Nowakたちは、ミトコンドリアDNAの変異性を評価し、ヨーロッパの山地に生息する9種の水生昆虫種の分布をモデル化した。そして、「これまで同様の経済活動」に基づく2080年のシナリオと二酸化炭素排出量が減ることを前提とした2080年のシナリオを用いて分布を予測し、両者を比較した。その結果、これらの生物種の分布が将来的に減少し、それとともに進化系統と遺伝的多様性が激減することが示唆された。このように予測された遺伝的レベルでの減少は、従来研究されてきた形態種スケールでの減少を大きく上回っている。

Loss of genetic diversity within a species resulting from climate change may be even more severe than biodiversity loss at the species level, according to a paper published online this week in Nature Climate Change. The work suggests that intraspecific patterns of genetic diversity should be considered when estimating the effects of climate change on biodiversity.

Steffen Pauls, Carsten Nowak and colleagues assessed the variability of mitochondrial DNA and modelled the distribution of nine mountain-dwelling aquatic insect species in Europe. They compared a ‘business as usual’ scenario for 2080 with one in which there would be reduced carbon dioxide emissions. Their results suggest that future contractions in the distribution of these species will be accompanied by severe losses of genetic evolutionary lineages and genetic diversity. The projected losses at the genetic level greatly exceed those at the scale of traditionally described species.

doi: 10.1038/nclimate1191

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度