Research press release

植物の病原性真菌を介した炭素収支への影響

Nature Climate Change

A push from pathogens

北極圏ツンドラ地帯の生態系で発生した植物の病害が、植物の組成を変えることを通じて、炭素収支に対する気候変動の影響を変化させ、逆転させうることが明らかになった。その詳細を報告する論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。

気候変動は、植物の成長に直接影響することがあるが、捕食と病害への影響を通じて間接的に影響することもある。そして、植物の成長は、炭素貯蔵に影響するが、将来の気候に応答して放出される炭素量の予測は、いまだに不確実性が高い。

J Olofssonらは、スウェーデンのツンドラ地帯における積雪深さの増加が植物群落に及ぼす影響を7年間にわたって調べた。実験区域内では積雪深さを増加させたことで断熱効果が生じ、これが植物の成長に有利に働いたが、7年の研究期間中に寄生性真菌Arwidssonia empetriが大発生し、植物のバイオマスは減少した。積雪深さを増加させてから6年後には、この真菌による病気で、この地帯の優占植物種であるEmpetrum hermaphroditumのシュート(苗条)の大部分が死滅した。その後すぐに炭素交換量の瞬間値が測定され、その値は有意に減少していた。

Plant disease in an Arctic tundra ecosystem can alter and even reverse the effects of a changing climate on the carbon balance by changing plant composition, reports a study published online this week in Nature Climate Change.

Climate change can affect plant growth directly, but also indirectly through its influence on predation and disease. Plant growth in turn affects carbon storage, but how much carbon will be released in response to future climate is still highly uncertain.

Johan Olofsson and colleagues undertook a seven-year study into the effects of increased snow cover on tundra plant communities in Sweden. Despite the fact that plant growth was favoured by the insulating effects of increased snow cover in experimental plots, plant biomass decreased over the seven-year study owing to an outbreak of a parasitic fungus, Arwidssonia empetri. The disease killed the majority of the shoots of the dominant plant species, Empetrum hermaphroditum, after six years of increased snow cover, and significantly reduced instantaneous carbon exchange immediately afterwards.

doi: 10.1038/nclimate1142

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度