Research press release

過去の汚染物質の再流動化

Nature Climate Change

Pollutants from the past

北極の氷と海水は、毒性汚染物質の長期的吸収源となっているが、気候変動によって、こうした汚染物質が再流動化していることが明らかになった。毒性化合物への曝露を減らすためのさまざまな努力が、この現象によって台無しになる可能性が生じていることが示唆されている。この研究成果を報告する論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。

残留性有機汚染物質(POP)については、その製造と使用が規制されたため、近年、北極の大気中に存在するPOPの量は減少傾向を示していた。しかし、POPは分解されにくいため、その多くが、海水と氷といった貯蔵庫に貯蔵されたままになっている。

POPは気候変動によって貯蔵庫から再流動化する可能性があるが、そうした影響を示す観測的証拠は少ない。今回、Maたちは、20年間にわたる北極の大気中のPOP濃度記録とモデルによる証拠に基づき、温暖化と海氷の後退によって過去10年間に海水と氷などの貯蔵庫からのPOPの放出量が増加したと結論付けた。

環境中のPOPの存在量は、今後も減少を続ける可能性が高いが、今回Maたちが調べた長期的吸収源の化合物の再流動化、そして、そのほかの類似の化合物の再流動化の可能性によって、こうした物質の大気輸送が再び起こると考えられる。

Climate change is remobilizing toxic pollutants from long-term sinks such as ice and sea water in the Arctic reports a paper published online in Nature Climate Change this week. The finding suggests that this could potentially undermine efforts to reduce exposure to these toxic compounds.

The abundance of many persistent organic pollutants (POPs) has decreased in the Arctic atmosphere over recent years owing to regulation of their production and use. However, many POPs remain stored in reservoirs such as sea water and ice because they are resistant to degradation.

Climate change could remobilize POPs from these stores, but observational evidence for this effect is limited. Based on 20-year-long records of POP concentrations in the Arctic atmosphere and modelling evidence, Ma and colleagues conclude that warming and sea-ice retreat have enhanced the release of several POPs from sinks such as ice and sea water over the past decade.

The abundance of POPs in the environment is likely to continue to decline in future, but remobilization of the compounds that the team studied — and potentially others like them — from long-term stores will make them available for atmospheric transport once again.

doi: 10.1038/nclimate1167

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度