Research press release

気候変動と暴力的紛争の関連性を示す証拠には偏りがある

Nature Climate Change

Biased evidence for links to violent conflict

気候変動と暴力的紛争に関する研究文献に示された両者の関連性は誇張だとし、その理由として、過去に暴力的紛争があった利便性の高い地域で研究が行われる傾向があることを挙げた論文が、今週掲載される。

Tobias Ideたちの研究グループは、気候変動と紛争の関連性に関する査読論文を分析し、文献に最も多く登場する国々は紛争関連死者数の多い国々であるという傾向を明らかにした。これに対して、気候変動のリスクに最もさらされている国々、または気候変動のリスクの最も多い国々は、そうした研究で重点的に取り扱われていないか、紛争との関連性の研究が全く行われていなかった。さらに、気候変動と紛争の関連性についての研究は、英語が公用語になっている利便性の高い旧英国領の国々で行われる傾向も認められた。

気候変動は、最近の暴力的紛争の一部(例えば、シリア騒乱)を説明するために援用されてきた。しかし、今回の研究では、個別の事例で気候変動が紛争の原因だと断定できる場合であっても文献にサンプリングバイアスがあるということは、暴力的紛争の一般化可能性とその根底にある駆動要因のいずれも解明できていないことを意味しており、暴力を気候条件と環境条件から分離するための政策的介入に対する情報提供という点で、既存の研究の有用性が低下していることが明らかになった。

同時掲載されるNews & Views論文で、Cullen Hendrixは次のように述べている。「これらの知見は、気候関連紛争が起こる可能性の高い社会経済的条件と政治的条件を理解する能力と、気候と紛争の関連性のリスクを軽減するための政策的介入への情報提供、という2つの点で極めて大きな意味を持っている。第1に、気候変動に対する身体的曝露ではなく紛争の発生率についてサンプリングを行っているということは、気候変動が暴力を引き起こす可能性のある具体的な社会的、経済的、政治的状況に関する研究者たちの結論が、我々の期待に達していないことを意味している。(中略)第2に、気候と紛争の関連性が主に代表例ではない背景で研究されているのなら、つまり、研究しやすい旧英国領の国々で行われるのであれば、研究結果を基に気候と紛争の関連性一般を推論する能力が制限される」。

Literature on climate change and violent conflict may overstate the links between the two phenomena as researchers tend to study both places already experiencing violent conflict and where it is more convenient to conduct research, suggests a paper published online this week in Nature Climate Change.

Tobias Ide and colleagues conducted an analysis of the peer-reviewed research on climate-conflict links. They found that countries most often mentioned in the literature tend to be those with more battle-related deaths. In contrast, the countries most exposed to or most at risk from climate change do not feature prominently or have not been studied at all in this context. Furthermore, research on climate-conflict links tends to occur in former British colonies, which are more accessible and where English is the official language.

Climate change has been invoked to explain in part recent violent conflicts, such as the civil war in Syria. However, this study shows that even if climate change could be definitively identified as a cause of conflict in individual cases, sampling biases in the literature mean that both the generalizability of this phenomenon and its underlying drivers are unknown, limiting the usefulness of existing research for informing policy interventions designed to decouple violence from climatic and environmental conditions.

In an accompanying News & Views, Cullen Hendrix writes: “These findings have two powerful implications for our ability to understand the socioeconomic and political conditions in which climate-related conflict is likely to emerge and for informing policy interventions designed to mitigate climate-conflict risk. First, sampling on conflict prevalence, rather than physical exposure, means researchers can say less than we might like about the specific social, economic, and political contexts in which climate change may lead to violence… Second, if climate-conflict links are being studied primarily in atypical contexts - easy-to-access former British colonies - it limits our ability to infer what the research means for climate- conflict links more generally.”

doi: 10.1038/s41558-018-0068-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度