Research press release

水セクターにおけるエネルギー消費の大きさ

Nature Climate Change

The water sector — a thirsty business

水関連産業は、淡水や汚水の抽出、輸送、処理過程において相当なエネルギー消費をしていることが明らかになった。この結論を示した総説論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。 持続可能な水資源管理の必要性は、かなりの注目を集めてきたが、水セクターでのエネルギー消費量の増加やそれに伴う温室効果ガスの排出に対する関心ははるかに低い。 この総説論文の著者S RothausenとD Conwayは、水セクターでのエネルギー消費を定量化し、汚水と農業用水の利用による温室効果ガスの放出に関する最新知識を詳細に示している。水関連産業におけるエネルギー消費に透明性を持たせることは、水関連産業が二酸化炭素排出量削減目標を達成しつつ、ほかの持続可能性の尺度、例えば、水質基準厳格化の必要性や需要の増加に対応していくうえで重要な役割を果たす可能性が高い。

The water industry expends much energy in the process of abstraction, transport and treatment of fresh water and wastewater, as concluded in a review published online this week in Nature Climate Change.

Much attention has been given to the need for sustainable water resource management, but far less to the growing energy use and associated greenhouse-gas emissions from the water sector.

The authors Sabrina Rothausen and Declan Conway quantify energy use in the water sector and detail the extent of current knowledge on emissions from wastewater and agricultural water use. Transparency in the water industry’s energy use is likely to be important for the industry to meet its carbon-reduction commitments while responding to other measures of sustainability, such as the need for stricter quality standards and increasing demand.

doi: 10.1038/nclimate1147

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度