目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

EU離脱が英国のバイオ市場に対して意味すること

What Brexit means for biotech p.785

doi: 10.1038/nbt.3657

News

EU離脱の衝撃で英国のバイオ市場は待ちに入ったが赤信号ばかりではない

'Brexit' stuns UK biotech into waiting game, but not all signals are red p.787

doi: 10.1038/nbt0816-787

ジェネンテック社のPD-L1薬が膀胱がん用に承認

Genentech's PD-L1 agent approved for bladder cancer p.789

doi: 10.1038/nbt0816-789

バイオジェン社とペンシルベニア大学が遺伝子療法の商業化で協力

Biogen and UPenn join forces to commercialize gene therapies p.791

doi: 10.1038/nbt0816-791

ジュノ社のCAR-T細胞療法をめぐる騒動

Juno's wild ride p.793

doi: 10.1038/nbt0816-793

臨床化を目指すがんの同化代謝阻害剤

Cancer anabolic metabolism inhibitors move into clinic p.794

doi: 10.1038/nbt0816-794

ヒト初のCRISPR臨床試験

First-in-human CRISPR trial p.796

doi: 10.1038/nbt0816-796a

合成ヒトゲノムが応用を促進する

Synthetic human genome set to spur applications p.796

doi: 10.1038/nbt0816-796b

ギリアド社による初の汎遺伝子型HCV治療薬

Gilead's first pan-genotypic HCV cure p.797

doi: 10.1038/nbt0816-797

世界の1カ月

Around the world in a month p.798

doi: 10.1038/nbt0816-798

医薬品パイプライン:2016年第2四半期

Drug pipeline: 2Q16 p.799

doi: 10.1038/nbt.3651

2016年第2四半期:バイオ市場に回復の兆し

2Q16—biotech claws back p.800

doi: 10.1038/nbt.3654

Bioentrepreneur

大学・研究機関のバイオ特許:2015年

Research biotech patenting 2015 p.801

doi: 10.1038/nbt.3646

News & Views

詳細な表現型解析でハンチントン病の遺伝子型を予測する

Deep phenotyping predicts Huntington's genotype p.823

doi: 10.1038/nbt.3648

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度