Research press release

加齢:高齢マウスにおいてブドウ種子抽出物が示す抗老化作用

Nature Metabolism

Ageing: Anti-ageing effect of grape seed extract in old mice

ブドウ種子中の天然化合物(フラボノイドの一種であるプロシアニジンC1)が、老化を促進する細胞の作用を妨げることによって、高齢マウスの健康を改善し、寿命を延ばすことを明らかにした論文が、Nature Metabolism に掲載される。ただし、この生物学的作用の詳しい機構を解明し、ヒトにも何らかの効果があるかを確かめるには、さらなる研究が必要だろう。

化学物質や放射線への曝露があったときや年齢を重ねるにつれ、細胞が老化し、正常な機能が変化したり失われたりする可能性がある。老化細胞が次第に蓄積することが、加齢に伴う身体機能の低下や複数の加齢性疾患の要因になると考えられている。

今回、Yu Sunたちは、培養ヒト前立腺細胞を含むモデルを用いて多数の天然抽出物のスクリーニングを行って、ブドウ種子抽出物とその主要成分の1つであるプロシアニジンC1(PCC1)が、正常細胞には影響を及ぼさないが、老化細胞を選択的に死滅させるのに効果的であることを明らかにした。放射線曝露後に生じるような、老化細胞が病気を引き起こす要因になるいくつかのマウスモデルで調べたところ、PCC1の投与によって老化細胞数が減少し、健康状態の改善につながった。また、PCC1は、免疫不全状態マウスの化学療法の予後も改善した。さらに、高齢マウス91匹(雄48匹、雌43匹。24~27か月齢で、ヒトの75~90歳に相当する)に隔週でPCC1を投与したところ、余命が60%以上長くなって、寿命は約9%延びた。

Sunたちは、PCC1の分子レベルの詳しい作用機構をさらに解明する必要があると述べている。マウスの前臨床試験ではPCC1投与は耐容性良好のようだが、安全な投与量の確定やこれらの知見がヒトにも応用可能かの検証には、さらに研究する必要がある。

A natural compound in grape seeds — the flavonoid, procyanidin C1 — increases the health and lifespan of old mice by interfering with cells that promote ageing, according to a study published in Nature Metabolism. However, future research will be needed to determine its exact mechanisms of biological action and any potential relevance to humans.

When exposed to chemicals or radiation, or as we naturally age, cells can become senescent, thereby altering or ceasing their normal function. The gradual accumulation of senescent cells is thought to contribute to age-associated decline in physical function and multiple age-related pathologies.

Yu Sun and colleagues screened a panel of natural extracts in a model involving cultured human prostate cells. They revealed that grape seed extract and one of its key components — procyanidin C1 (PCC1) — is effective at selectively killing senescent cells, while leaving normal cells intact. In several mouse models in which senescent cells contribute to disease, such as those generated after exposure to radiation, PCC1 injections reduced the number of senescent cells and led to health improvements. PCC1 also improved chemotherapeutic outcomes in immunocompromised mice. Furthermore, fortnightly injections of PCC1 into 91 old mice (48 males and 43 females aged 24–27 months, equivalent to a human age of 75–90 years) increased their remaining lifespan by over 60% or increased their total lifespan by approximately 9%.

The authors note that the exact molecular mechanism of action of PCC1 requires further clarification. Although PCC1 injections appear to have been well tolerated in mice in preclinical trials, research is needed to establish what constitutes a safe dose and whether these findings are applicable to humans.

doi: 10.1038/s42255-021-00491-8

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新の「注目のハイライト」を皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度