Research press release

環境:全世界の食料関連の温室効果ガス排出量の定量化

Nature Food

Environment: Quantifying food-related global greenhouse gas emissions

世界の食料生産は、年間1万7318テラグラム(173億1800万メートルトン)の二酸化炭素に相当する温室効果ガス(GHG)の排出の原因となっており、その57%は動物性食料、29%は植物性食料の生産によるという推定結果を示した論文が、Nature Food に掲載される。この計算は、2010年ごろの200か国以上のデータに基づいており、特に動物用飼料、輸送、国際貿易に関連するGHGが含まれている。

野菜中心の食事の採用は、気候変動を緩和するための有効な戦略として広く認識されているが、このような食事の変化の寄与可能性は、まだ正確に計算されていない。これまで、農業、林業と土地利用によるGHG排出量を評価する研究が行われてきたにもかかわらず、食料部門のデータはわずかで、空間的にも不明確であり、農業サブセクター間で方法が一貫していない。

今回、Atul Jainたちは、データとモデル化が統合された一貫性のある枠組みを開発することによって、人間向けの植物性食料と動物性食料からのGHG(二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素)排出量を推定するためのオープンアクセスデータベースを構築することができた。このデータベースには、さまざまな農法、農産物(171種類の作物と16種類の動物性食品)と、2010年ごろに200か国以上から収集されたデータが登録されている。Jainたちは、世界の食料生産が年間1万7318テラグラムの二酸化炭素に相当するGHG排出の原因になっていると推定している。そのうちの57%は動物性食料の生産に由来し、29%は植物性食料に由来し、14%はその他の用途(ゴムや綿など)に由来している。農地管理と土地利用の変化は、GHG総排出量の大きな部分を占めており(それぞれ38%と29%)、コメと牛肉が、それぞれ植物性食品と動物性食品として最大の割合を占めている(それぞれ12%と25%)。食料生産によるGHGの排出量が最も多い地域は、南アジア、東南アジアと南米だった。

Global food production is responsible for greenhouse gas (GHG) emissions equivalent to 17,318 teragrams (17.318 billion metric tonnes) of CO2 per year — 57% of which corresponds to the production of animal-based foods and 29% to plant-based foods, estimates a study published in Nature Food. This calculation — based on data from over 200 countries circa 2010 — includes GHGs associated with animal feed, transportation and international trade, among other factors.

The adoption of plant-based diets has been widely recognized as an effective strategy to mitigate climate change, however, the exact potential contribution of such dietary shifts has yet to be calculated. Despite previous efforts to assess GHG emissions from agriculture, forestry and land use, food sector data are sparse, spatially inexplicit and methodologically inconsistent across agricultural sub-sectors.

By developing a consistent, unified data-modelling framework, Atul Jain and colleagues were able to build an open-access database to allow for the estimation of global GHG emissions (CO2, methane and nitrous oxide) from plant- and animal-based human food. This database includes a wide range of farming practices, agricultural products — totaling 171 crops and 16 animal products — and data from more than 200 countries around the year 2010. The team estimates that global food production was responsible for GHG emissions equivalent to 17,318 teragrams of CO2 per year, of which 57% corresponds to the production of animal-based food, 29% to plant-based foods and 14% to other utilizations, such as rubber and cotton. Farmland management and land-use change represented major estimated shares of the total GHG emissions (38% and 29%, respectively), and rice and beef were the largest contributing plant- and animal-based commodities (12% and 25%, respectively). South and Southeast Asia and South America were the largest emitters of production-based GHGs.

doi: 10.1038/s43016-021-00358-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度